【国立並みの学費】コスパ最高!東京理科大学第二部【夜間】

大学受験

今回は超コスパの高い大学である東京理科大学第二部のご紹介です。

今までは国立の夜間についてご紹介していました。

 

今回は私立大学です。

非常に学費が安くて進学や就職の実績も高いのでご紹介します。

昔はMARCHや早慶で夜間があったのですが、全て廃止されました。

そこで今回は私立大学の夜間である東京理科大学の第2部を紹介します。

 

理科大の二部は以前は工学部や経営学部もありましたが、廃止になりました。

現在は理学部のみが夜間をやっています。

 

また国公立大学の夜間のデメリットとメリットはこちらの記事で解説しています。

夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット
今回はコスパが高い夜間(2部)の国公立大学についてお話します。 夜間は文系も理系もどちらもあり教育学部がある大学もあります。 ほとんどの大学は昼の授業を履修できます。 早速ですが、本題に入ります。 その他...

 

学費は??

初年度納付金は90万円弱です国立並みの学費です。

一部と比較したらかなり安いです。

貧乏で私立の理系に行けない方に非常にオススメです

 

学科は??

  • 数学科
  • 物理学科
  • 化学科

 

偏差値は??

偏差値は45程度です。

センター利用は数学科・化学科は67%、物理学科は75%必要です。

 

昼に転部は??

昼に転部可能ですがかなり難しいようです。

数学者の秋山 仁先生は二部から一部に転部した方として有名です。

 

就職や進学は??

30%程度が院に進学します。理系の中ではやや低い方ですね。

大学院進学者数 | 就職・キャリア関連データ | 就職・キャリア | 東京理科大学
東京理科大学と大学院の就職および進路状況の情報を紹介しています。

 

留年率・退学率

あと留年率と退学率が異常に高いです。

理由は以下の3つです。

  • 昼間に働いていて夜の講義に出席しなくなる
  • 講義のクオリティが昼と変わらないからついてこれなくなる
  • 元々昼の単位が取りにくい

 

出願日は??

1月下旬から2月下旬ですセンター後からでも出願できます。

⇒願書やパンフレットはこちらから

関連記事

夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット
今回はコスパが高い夜間(2部)の国公立大学についてお話します。 夜間は文系も理系もどちらもあり教育学部がある大学もあります。 ほとんどの大学は昼の授業を履修できます。 早速ですが、本題に入ります。 その他...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました