【経済系】夜間(二部)の国公立大学一覧

こんにちは。

前回は国公立大学の夜間のデメリットとメリットを紹介しました。

今回は具体的な大学を紹介します。

 

就職や大学のホームページについては詳しく解説されている場合は載せています。

ただし、AOや編入など社会人しか入学できないような学校は省いています

 

その他の分野の夜間大学はこちらをご覧ください。

 

見出しの大学名をクリックしたら各大学の詳細がご覧になれます

入試科目の詳細や配点はリンク先をご覧ください。

小樽商科大学・商学部

<学科>

  • 経済学科
  • 商学科
  • 企業法学科
  • 社会情報学科

※学科への所属は2年次から

<センターボーダー>

前期63%

<補足>

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.otaru-uc.ac.jp/hnyu1/yakanshu-goannai/yakanshu-goannai.htm#yakan-toha⇒願書やパンフレットはこちらから

 

富山大学経済学部

<学科>

  • 経済学科
  • 経営学科
  • 経営法学科

<センターボーダー>

経済 前期 61%
経営 前期 61%
経営法学 前期 61%
経済 後期 66%
経営 後期 67%
経営法学 後期 67%

<補足>

後期出願可能

詳しくは大学のホームページをご覧ください。
http://www.eco.u-toyama.ac.jp/admission/faq.html⇒願書やパンフレットはこちらから

 

岡山大学経済学部

<センターボーダー>

前期65%、後期68%

<補足>

後期も出願可能です。

 

詳しくは大学のホームページをご覧ください。

夜間主コース

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

琉球大学法文学部総合社会システム学科

<学科>

  • 総合社会システム<経済学>
  • 国際言語文化<英語文化>

<センターボーダー>

総合社会システム<経済学> 前期 53%
国際言語文化<英語文化> 前期 60%
総合社会システム<経済学> 後期 55%
国際言語文化<英語文化> 後期 62%

<補足>

後期も出願可能⇒願書やパンフレットはこちらから

 

その他の分野の夜間大学はこちらをご覧ください。