【経済系】夜間(二部)の国公立大学一覧

大学受験

今回は夜間の国立大学の経済学部をまとめました。

 

また国公立大学の夜間のデメリットとメリットはこちらの記事で解説しています。

夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット
今回はコスパが高い夜間(2部)の国公立大学についてお話します。 夜間は文系も理系もどちらもあり教育学部がある大学もあります。 ほとんどの大学は昼の授業を履修できます。 早速ですが、本題に入ります。 その他...

 

見出しの大学名をクリックしたら各大学の詳細がご覧になれます。

入試科目の詳細や配点はリンク先をご覧ください。

就職や大学のホームページについては、詳しく解説されている場合は載せています。

ただし、AOや編入など社会人しか入学できないような学校は省いています。

 

小樽商科大学・商学部

<学科>

  • 経済学科
  • 商学科
  • 企業法学科
  • 社会情報学科

※学科への所属は2年次から

<センターボーダー>

前期63%

<補足>

詳しくはこちらをご覧ください。

小樽商科大学 受験生サイト
小樽商科大学 受験生向け公式サイト

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

 

富山大学経済学部

<学科>

  • 経済学科74%
  • 経営学科72%
  • 経営法学科72%

<センターボーダー>

  • 経済学科
  • 経営学科
  • 経営法学科

<補足>

2018年より後期のみに

詳しくは大学のホームページをご覧ください。

入学Q&A/富山大学経済学部

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

滋賀大学経済学部

<学科>

  • 経済学科
  • ファイナンス学科
  • 企業経営学科
  • 会計情報学科
  • 社会システム学科

補足

滋賀大学経済学部は関西の中で名門なので、金融系の就職は強いです。

共通テスト3教科で受験可能。

2017年度よりフレックス制に移行。

昼間時間帯の科目をほぼ自由に選択することができます
(夜間での履修指定がある外国語等一部科目を除いて)
→ 昼間主学生と同様の学生生活スタイルを選択することも可能です

 

ただ難易度は意外と高いです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

【ほぼ昼と同じ?】滋賀大学経済学部(夜間)【近年は難化?】
今回は滋賀大学の夜間をご紹介します。 2017年にフレックス制を導入されて夜間なのにほぼ昼と同じ生活を送れることになりました。 それに伴い偏差値も急上昇したので、解説します。 その他の分野の夜間はこちら...

 

岡山大学経済学部

<センターボーダー>

前期65%、後期68%

<補足>

後期も出願可能です。

 

詳しくは大学のホームページをご覧ください。

夜間主コース | 岡山大学経済学部
夜間主コースの特徴 夜間主コースは、昼間働き夜間に講義を受けて、卒業に必要な単位を修得すれば、4年間で卒業できます。また、昼間コースの科目や法学部の科目、放送大学の科目(有料)も範囲内であれば履修可能です。なお、4年間で単位を修得することが難しい人には、4年間分の授業料で5年間学んで卒業する長期履修制度もあります。

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

広島大学経済学部

<センターボーダー>

前期61%、後期65%

<補足>

後期も出願可能です。

 

昼とキャンパスが違います。

昼は東広島で立地が悪いですが、夜は広島市内で好立地です。

 

詳しくは大学のホームページをご覧ください。

夜間主コース | 広島大学

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

 

琉球大学法文学部総合社会システム学科

<学科>

  • 総合社会システム<経済学>
  • 国際言語文化<英語文化>

<センターボーダー>

総合社会システム<経済学> 前期 53%
国際言語文化<英語文化> 前期 60%
総合社会システム<経済学> 後期 55%
国際言語文化<英語文化> 後期 62%

<補足>

後期も出願可能

⇒願書やパンフレットはこちらから

短大

短大でも夜間入試を実施している大学はあります。

国公立大学の前期や後期試験と関係なく受験可能です。

センター利用でも受験可能ですが、大学独自の試験も受験可能です。

三重短期大学 法経科第2部

短大です。

短大なので元々が学費が安いですが、夜間だとさらに安くなり、2年間で30万円です。

 

また編入も可能で、三重短期大学は実績が高いです。

夜間でも編入実績が十分あります。

三重大学の人文学部は毎年3年次編入合格の実績があります。

⇒パンフレットはこちらから

 

鹿児島県立短期大学 第二部商系学科(社会人入試)

短大です。

編入も可能ですが、編入をしている方はかなり少ないです。

⇒パンフレットはこちらから

 

関連記事

夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット
今回はコスパが高い夜間(2部)の国公立大学についてお話します。 夜間は文系も理系もどちらもあり教育学部がある大学もあります。 ほとんどの大学は昼の授業を履修できます。 早速ですが、本題に入ります。 その他...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました