夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット

大学受験

今回はコスパが高い夜間(2部)の国公立大学についてお話します。

夜間は文系も理系もどちらもあり教育学部がある大学もあります。

ほとんどの大学は昼の授業を履修できます。

早速ですが、本題に入ります。

 

 

夜間の大学のメリット

学費が安い

私大は当然国立の昼間と比較しても半額です。

入学金14万1000円(昼間・28万2000円)

年間授業料が26万7900円(昼間・53万5800円)

昼間はバイトができますしね。

 

受かりやすい

全体的に偏差値が低いです。

センターのボーダーも6割弱程度と昼間よりも受かりやすいです。

 

ほとんどの大学は一般入試よりも社会人入試の方が枠が大きいです。

しかも社会人入試だとほとんどの大学は簡単な小論文と面接のみです。

【社会人入試】夜間(二部)の国公立大学一覧
今回は社会人の方向けに夜間の国立大学の受験情報をまとめました。社会人のみが受けられる大学、社会人入試の情報も網羅しています。また国公立大学の夜間のデメリットとメリットはこちらの記事で解説しています。...

 

就活

就活は昼間にあるので夜間の人はしやすいです。

そして、成績証明書には夜間であることは書かれません

人事の方も夜間だと気づかないことがたまにあるようです。

ただし昼間の場合は〇〇大学(昼)と書かれているので簡単に判別できます。

 

進路

大学によっては昼間に転部することも可能です。

さらに他大学に3年次編入することも可能です。

 

編入についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

編入のメリットとデメリット 3年次編入合格の戦略とは??
今回は編入のメリットやデメリットや勉強方法について紹介します。編入のメリットメリットについて簡単にご紹介します試験科目が少ない試験科目が非常に少ないです。一般入試では、国立大学に合格しようと思ったら5教科6科...

 

また卒業後に夜間の大学を卒業して大学院に進学することも可能です。

理系の工学部などの学部は大学院に進学される方は多いです。

 

夜間の大学のデメリット

留年率が高い

基本は平日の夕方以降と土曜日の講義を履修して4年間で卒業できるように設計されています。

ですが、夜間だからといって単位が取りやすいわけではありません。

単位の難易度は昼間と変わりません。

しかも昼間に働きながら勉強するので、より留年率が高いです。

大阪教育大学のようにそもそも5年で卒業が前提となっている大学もあります。

 

受けられる大学が少ない

単純に受けられる学校が少ないです。また夜間は廃止傾向です。

 

最近では横浜国立大学の経営学部の夜間が廃止になりました。

新潟大学経済学部も社会人向けに夜間が開講していましたが、廃止になりました。

特に私大においてはかなり多くの大学が募集停止をしています。

【私立】夜間(二部)大学一覧
今回は私立大学の夜間の大学をまとめました。学費についても昼と比較まとめました。その他の分野の夜間はこちらの記事をご覧ください。<国公立夜間一覧> 【理系】夜間(二部)の国公立大学一覧...

 

また社会人入試でしか募集していない学校もあります。

センター試験など一般入試で募集していない大学もあります。

 

さらに一般入試では後期で出せる大学は少ないです。(例外で富山大学経済学部は後期のみ募集です)

 

交友関係

サークルはありますが、昼間の生徒と関われません。

ただし夜間の大学では社会人の方がたくさんいらっしゃいます。

社会人の人と仲良くなれる機会はあります。

 

まとめ

以上のことから夜間の国立大学は非常にコスパが高いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました