【本音比較】公務員試験 通信講座ランキング~独学は無理?~

公務員

今回は公務員の通信講座についてリアルに比較しました。

他サイトとは一味違う比較になっています。

また最後に独学についてのコラムも書いてあるので、最後までご覧ください。

 

1位:アガルート

独学と併用するのがおすすめ

基本は市販されている参考書を基軸としつつ苦手科目だけ取るのがおすすめです。

独学については一番最後にコラムを書いているのでご覧ください。

 

参考書では理解できない科目でも、動画講義ならば嚙み砕いて解説してもらえるので理解しやすいです。

しかも大手予備校での指導も経験あるプロの一流講師が本気で講義しているので、わかりやすいです。

特に、数的処理法律系科目(特に民法)、経済系科目は独学が厳しい方は多いでしょう。

 

また、専門記述は市販の参考書が充実していないので、アガルートの専門記述対策講座は貴重です。

以下の3コースあります。

 

大手の講座とそん色ないクオリティ

大手と比べたら格安ですが講師自体は、LECなど大手予備校出身の方が多いです。

だから講師の質自体は大手予備校とそん色ないです。

 

数的処理の講座が好評

特にアガルートの講座の中では、苦手な方が多い柴崎講師の数的処理対策講座が大好評です。

 

市販の問題集だと問題の数が多いので、途中で挫折しがちです。

しかも、たまに解説がわかりにくいこともあります。

 

数的処理対策講座は問題数が絞られている上に、動画で解説して貰えるのでわかりやすいです。

問題と柴崎講師の解説の質の高さがかなり評判高いです。

 

この数的処理処理講座だけでも取ることを強くおすすめします。

特に苦手な方は必須です。

 

無料でサンプル動画がこちらからご覧になれます。

 

カリキュラムでの購入がお得

単科は1講座ずつ講座を取れます。

苦手な科目や勉強しにくい講座を必要に応じて取るのにいいでしょう。

 

カリキュラムは単科のパックセットです。

大体単科単体で講座を取るよりも、4割程度カリキュラムの方が料金安くてお得です。

地方公務員や国家一般職向けでは以下のカリキュラムがあります。

 

国家総合職向けもあります。(法律区分と教養区分のみ)

時期が良ければ、クーポンやアウトレットセールを実施していて安く受講できることもあります。

 

 

2位:TAC・LEC

どちらも大きな差はないので、TACとLEC両方を選びました。

多くの比較サイトでは、大手のTACとLECをランキング圏外にしていますが、当サイトは敢えて2位にしました。

TAC・LECにしておけば絶対間違い「は」ない

「公務員 通信講座 比較」とかで検索するとなぜかランク外になっていることが多いですが、疑問しか感じません。

確かに価格は通学で通うのと変わりませんが、それだけの価値があると思います。

特に公務員試験は面接の配点が高く、情報戦です。

筆記試験で点数を取れば合格できる試験ではありません。

 

両社共に超大手で圧倒的な実績があり、情報量に関してはピカイチです。

特に面接に関してはめちゃくちゃ情報を持っていて、ファイルに大量に保存しています。

校舎に出向けばいくらでもファイルを閲覧できます。

 

価格は地方上級や国家一般の講座の場合32〜35万円くらいですが、高いだけの価値はあります。

特にお金に余裕があったり、親や祖父母がお金を出してくれるのならばLECかTACにしとけば絶対間違いないです。

 

筆記試験から面接・添削まで手厚いサポート

多くの通信講座では面接対策まで深くサポートされていません。

最近は集団討論を実施している自治体は多いです。

特にグループディスカッションにおいては大手の予備校でしかサポートされていません。

 

自習室が使える

TAC・LEC共に通信制であっても自習室が使えます。

同じ目標を持っている仲間がいるだけでも励みになります。

 

有料自習室を借りるとしても、月1万円程度掛かります。

有料自習室を借りることを考えたら案外高くないかもしれません。

 

ですが、予備校の自習室はやや使いにくいという口コミもあります。

基本的にはどの校舎も空き教室を使うのでコロコロ移動させられたりとか、自習室の時間が日によって異なるようです。

だから、校舎によっては有料自習室と比較したらかなり使い勝手が悪いです。

詳しくはお近くの校舎へ直接お問い合わせください。

 

割引制度を利用しよう

多くの比較サイトでは、奨学生の割引を考慮して比較していません。

一応TACもLECも最大30%オフの奨学生があります。

30%オフは出なくても、10%オフや20%オフも実際に出るようです。

 

簡単な作文書くだけなので是非チャレンジしてみましょう。

Web奨学生試験|LEC東京リーガルマインド
お得な割引制度・各種特典 | 公務員 |資格の学校TAC[タック]
資格の学校TACが提供する公務員講座のお得な割引制度・各種特典のご紹介ページです。公務員試験合格に役立つ最新情報を多数掲載しています。

割引が高い方を選ぶのもありでしょう。

 

また余談ですが、生協割引で5%引きもあります。

奨学生と併用はできません。

 

またLECもTACも近くに無くて、校舎でのサポートを求めている方は後に紹介する大原や大栄なども検討してみるといいでしょう。

 

 

3位:東京アカデミー

動画講義はないが、情報を求める人向け

大手なのに超格安

東京アカデミーの通信講座は超大手なのに格安です。

 

入会金5000円込みの価格です。

  • 行政職実践コース:87,000円(税込)
  • 市町村(行政職専門あり)コース:92,000円(税込)
  • 行政職専門科目コース:60,000円(税込)
  • 市町村(教養型)/警察官・消防官・国立大学等職員コース:62,000円(税込)
  • 教養科目実践コース:56,000円(税込)
  • 工学の基礎コース:36,000円(税込)
  • 社会人経験者枠 教養試験対策+職務経験論文対策コース:66,000円(税込)
  • 社会人経験者枠 職務経験論文対策コース:36,000円(税込)

 

しかも、対面式の模擬面接が一回ついて来ます。

さらに公開模試も付いてきます。

 

動画講義なし・質問5回までなど

大体通信講座といえば動画講義がありますが、東京アカデミーの場合はテキスト+出たDATE問(過去問)のみです。

科目によってはテキストのみで理解するのは厳しいかもしれません。

 

一応課題があって提出する形となっています。(提出期限はありません)

1週間程度で課題が返ってきて添削されます。

 

また、質問用のSOSカードは5枚までしかありません。追加での販売もありません。

もちろん自習室は通信生は使えません。

 

ファイルに大量にためられた情報は閲覧可能

面接で聞かれた内容等は「受験報告書」としてファイルに大量にためられていて直接校舎に出向けば閲覧可能です。

大手なので情報量に関しては莫大な量を保持しています。

また、通信生であってもセミナーや説明会にも参加可能です。

 

格安な料金で大手の莫大な情報を閲覧したい人におすすめです。

 

詳細はこちらでも解説しています。

東京アカデミーの公務員の通信講座はコスパ最強 口コミやテキストの評判は?
今回は東京アカデミーの公務員の通信講座についてです。 結論から言いますと、コスパは非常に高いです。 講座一覧 入会金込みの価格です。 行政職実践コース:87,000円(税込) 市町村(行政職専門あり...

 

 

4位:クレアール

「公務員 通信講座 比較」とかで検索するとなぜか1位か2位になっていることが多いですが、人を選びます。

とにかくテキストが薄い

過去問を分析して頻出分野だけに絞っているので、市販の参考書よりかなり薄いです。

出にくい分野は切っているので、テキストが薄いわけです。

これを「非常識合格法」とクレアールでは呼んでいます。

 

ですが、本当に最低限しかやらないので、「足りなかった」「本番解けなかった」って口コミがあります。

また過去問集も演習量が少ないので結局スーパー過去問ゼミなど市販の参考書が必要になるとも言われています。

 

模擬面接・論文・質問が無制限

どっちかというと、クレアールは1次試験よりも2次試験以降に力を入れています

1次試験は必要最低限だけやって突破して、2次試験以降で差を付けるという作戦です。

「論文」は、講義の中で出された課題については、無制限で添削してくれます。

「模擬面接」は水道橋のクレアール校舎に来校可能な場合は、プロ講師による模擬面接が無制限です。

首都圏以外の方でも、面接カードを見ながらの電話で模擬面接を実施しています。

もちろん、面接シートの添削も無制限です。

また質問の回数も無制限でできます。

 

他の通信講座では面接の対策や質問は無かったり、制限を回数していますが、クレアールはかなりサポートが厚いです。

ですが、グループディスカッションの対策はできません。

 

テキスト・講義の質は微妙

「テキストの誤字脱字が目立った」という口コミがちらほらあります。

 

どの講義がっていうのはわかりませんが、一部わかりにくい講義があるという口コミがありました。

「数的処理に関しては良かったが、その他の授業についてはテキストを音読しているだけ」という口コミもありました。

 

心理系に強い

クレアールは心理系はかなり強いと有名です。

心理学の高橋美保先生は心理系公務員で有名な先生で、評判高いです。

「試験に出る心理学」など数少ない心理系公務員の参考書を出版されています。

 

またクレアールに資料請求で無料で付いてくる心理系公務員ガイダンスDVDがかなり好評です。

資料請求でDVDが付いてくるのは心理系だけです。

なかなか心理系公務員の情報は手に入らないので非常に貴重です。

詳しくは資料請求にてご確認ください。

資料請求はこちら>↑クレアールの公式サイト↑

 

時間がない人におすすめ

クレアールは頻出分野のみに絞ってあるので、最短でギリギリ突破を狙うとにかく時間がない人向けです。

公務員試験の勉強を3年の秋以降から始めた大学生、働きながら公務員試験を受ける社会人向けです。

時間に余裕がある方は他の方法でしっかりガチガチに固めた方がいいでしょう。

また一応クレアールには2年掛けて固める講座もあります。

詳しくは資料請求にてご確認ください。

資料請求はこちら>↑クレアールの公式サイト↑

 

詳細はこちらでも解説しています。

クレアールの公務員講座は時間ない人向け 口コミやテキストや講座の評判は?
今回はクレアールの公務員講座についてです。 多くのサイトでは大絶賛されていますが、疑問を感じます。 クレアールの公務員講座の特徴 まずは最初簡単に特徴を述べます。 テキストが薄い クレアールのテキストはとにかく...

 

 

5位:大原・大栄

大原

LECとTACに次ぐ大手です。

通信もありますが、通学のイメージが強いです。警察・消防に強いイメージです。

大学生協で5%割引もあります。

 

大栄

大栄では、通信講座ネバギバがあります。

基本は全国の教室でオンデマンドの動画を見るスタイルです。(自宅やスマホでも視聴可能)

パソコン教室のアビバと一緒になったので、全国各地に立地が良い教室が多数あります。

ほとんどの教室では公務員に詳しいスタッフはいないようです。

教室によってスタッフの当たり外れがあるようなので見分けた方が良さそうです。

 

 

その他

ランキングから漏れた通信講座について簡単に解説します。

スタディング

スタディングの公務員講座を推しているサイトがありますが、疑問を感じます。

動画講義をやっている講座の中ではかなり安いです。

 

スタディングでは教養のみしか講座をやっていません。

教養のみなので、国家公務員や特別区は受験できません。A日程でも横浜市ぐらいしか受験できません。

受けられのはB日程以降か国立大学法人のみになります。

そういう教養のみの自治体は倍率がめちゃくちゃ高い上に、面接で求められるものが非常に大きくなります。

なので、公務員試験において教養のみで受けるのはできるだけ避けたほうがいいです。

ただ今後専門科目の講座も開講されるかもしれません。

 

教養のみの自治体は必然と面接や論文のウェイトが高くなるのに、模擬面接や添削はありません。

面接や論文は動画講義のみです。

エントリーシートのみ添削やっています。

 

さらに、テキストなしです。PDFをダウンロードしてスマホやタブレットで見るか、印刷するしかありません。

量が莫大なので、印刷を毎回するのはかなりめんどくさいです。

テキストをオプションで購入することもできません。

 

何よりも一番気になったのは板書がない点です。

例えば、文章に線を引っ張ったりとか、計算をするのに手を動かしません。

特に数的処理の講義では実際に手を動かして図を書いたりとか、試行錯誤して計算をせずプレゼンテーションを流しているだけです。

 

数的処理では試行錯誤して「あーでもないこーでもない」って問題に向き合って計算をすることが大切です。

いきなり正解にはたどりつきません。

数的処理が苦手な方が求めているのは、実際に手を動かしながら解いている解説でしょう。

「図表やアニメーションを豊富に活用することで、板書を使った講義よりも理解しやすい」なんて書いてありますが、試験本番でアニメーションは使えないです。

数的処理だけでも改善に期待です。

 

あと、社会科学や自然科学など暗記系の科目もプレゼンテーションをそのまま読んでいるだけな印象を受けました。

参考書で独学しているのと変わらないと思いました。

宅建とか行政書士の講座は質が良いだけにもったいないです。

スタディングの公務員講座が微妙な理由 評判や口コミは?
今回はスタディングの公務員講座について解説します。 なぜか多くのサイトで強く紹介されていますが、疑問を感じます。 無料講座が見れたので、実際に見た上での感想も述べます。

 

実務教育出版

スー過去や公務員受験ジャーナルを出している出版社の通信講座なのでかなり安心感はあります。

テキストのみで動画講義はないので、通信講座の中では安いですが東京アカデミーよりもちょい高めです。

模擬面接はありませんが、面接カードの添削はあります。

正直な話、実務教育出版の市販されている質の高い参考書で十分でしょう。

 

ユーキャン

ユーキャンは有名ですが、公務員の講座を使っている人は聞いたことありません。

動画講義なしで、テキストのみです。面接は動画講義があります。

テキストは丁寧でわかりやすそうです。質問は1日3問までです。

料金に関しては東京アカデミーよりも少し安いです。

 

フォーサイト

動画講義で安いですが、一部の科目しか開講していません。

教養の一般知能(数的など)と裁判所事務官(憲法・民法・刑法)の2コースのみです。

フォーサイトの公務員試験講座の評判は?
今回はフォーサイトの通信講座について書きました。 サンプルの講義を見た上での感想を書いています。 フォーサイトの公務員講座一覧 講座数は2種類のみです。 公務員試験(一般知能)スピード合格講座 18,800円(税...

 

Z会

教材はTACですが、TACの通信講座と比較して動画講義が短めなようです。

ただテキストが使いにくいようです。

 

伊藤塾

司法試験で無双しているイメージです。なので法律系科目については強いでしょう。

司法試験のイメージが強いですが、最近は公務員試験に関する書籍を多数出版されています。

元々予備試験と並行して、公務員試験も目指せるコースをやってから、公務員試験にも力を入れ始めました。

 

 

コラム:独学で公務員試験は可能か?

結論から言いますと、公務員試験は独学でも可能です。

わかりやすい市販の参考書が充実している

初学者でも理解できる参考書

初学者でも理解できるようなわかりやすい参考書が充実しています。

 

特にエクシア出版は初学者でも理解できるくらいわかりやすいです。

 

またYouTubeで、動画講義で解説しているので、通信講座と変わらない環境です。

「寺本康之の憲法ザ・ベスト プラス」ポイント講義#1 人権享有主体性

 

エクシア出版ではなくても、動画講義がある参考書は他にもあります。

石川秀樹先生「速習!ミクロ経済学」第1回 経済学の思考パターン 1/3

 

ただ通信講座の動画と比較したら少し音声が聞こえにくい点などはあります。

 

問題演習も充実

公務員試験において、過去問が繰り返し出題されるので演習は非常に重要です。

むしろ理論を理解することよりも、問題を覚えることが大切です。

 

問題演習に関しては、スー過去が非常に問題も解答解説も精度が高いです。

 

有料自習室に投資した方がいいかも

何よりも独学で危惧しているのは、モチベーションの維持でしょう。

いくら勉強する参考書が充実していても、学習しないと話になりません。

自宅で集中できない方は有料自習室など環境に投資するといいでしょう。

有料自習室は大体月1万円弱くらいです。

予備校の自習室は使い勝手悪いようなので、有料自習室の方が環境が良いのは間違いないです。

お金がない方は大学の図書館を使うといいでしょう。

 

論文添削は?

ぶっちゃけた話、通信講座に入らなくても論文添削を受けられます。

雑誌の公務員受験ジャーナルの論文道場で有料添削をしています。

添削料も1,680円と低価格なので、積極的に利用するといいでしょう。

 

面接対策は?

基本は市販の本を読みつつ、大学で練習させて貰ったり、併願で民間を受けて実践すればいいでしょう。

 

独学できない科目だけ単科で取る

人によってはどうしても独学で理解できない科目・生理的に無理な科目があるでしょう。

特に数的処理や経済原論や民法はどうしても独学で理解できない方は多く、捨てたら落ちます。

そういうどうしても独学できない科目だけ単科で通信講座を買うのがおすすめです。

 

だから、今回当記事では独学と並行してわかりやすい講座を単科でふらっと買いやすいアガルートを1位にしました。

アガルートアカデミー

 

数的処理法律系科目経済系科目など独学で挫折した科目を購入するといいでしょう。

 

また専門記述についても市販の参考書が充実していないので、単科で購入するといいでしょう。

 

おすすめの参考書一覧

これらの記事でおすすめの参考書をまとめています。

公務員試験「数的処理・文章理解・資料解釈」のおすすめ参考書・勉強法・対策
教養試験での(一般知能分野)でのおすすめの参考書を紹介します。 教養試験の範囲 一般知「能」分野 文章理解(現代文・古文・英文) 数的処理(判断推理と数的推理) 資料解釈 一般知「識」分野 ...
公務員試験 「社会科学・人文科学・自然科学」のおすすめ参考書・勉強法・対策
教養試験での(知識分野)でのおすすめの参考書を紹介します。 教養試験の範囲 一般知能分野 文章理解(現代文・古文・英文) 判断推理 数的推理 資料解釈 一般知識分野 社会科学(...
公務員試験「経済原論・財政学・経営学・経済事情」のおすすめ参考書・勉強法・対策
専門試験での経済科目のおすすめの参考書を紹介します。 勉強する順番 経済原論(ミクロ、マクロ)・財政学・経営学・経済事情の順で勉強しましょう。 経済原論 経済原論はミクロとマクロからなります。 ちまたで...
公務員試験「憲法・民法・行政法」のおすすめの参考書・勉強法・対策
専門試験での法律科目のおすすめの参考書を紹介します。 勉強する順番 憲法・民法・行政法、その他(労働法、労働事情・刑法、商法)の順で勉強しましょう。 法律科目の基本的な勉強の流れ エクシア出版の寺本先生の本 ...
公務員試験「政治学・行政学・社会学」のおすすめ参考書・勉強法・対策
専門試験での行政科目のおすすめの参考書を紹介します。 行政科目の特徴 行政科目は非常に簡単です。 すべて暗記のみで、難解ではありません。 短時間で仕上げることができます。 また高校の時、倫理政経を選んで...
公務員試験「専門記述」のおすすめ参考書・勉強法・対策
公務員試験「専門記述」のおすすめ参考書を紹介します。 「専門記述」のある試験一覧 まだ専門記述がある試験はありますが、 とりあえずメジャーなところをまとめました。 国家総合職 ・政治・国際区分 以下の中から3題選択 ...
公務員試験終わったら、テキストや参考書を売ってお金に換えよう
公務員受験生の皆様お疲れ様です。 公務員受験で様々なテキストや参考書を使ったのではないでしょうか? 大量の参考書やテキストが部屋を圧迫しているのではないかと思います。 中には全く使ってない参考書もあるのではないでしょうか?...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました