二次試験のみで採点可能な大学一覧【共通テスト配点なし】

大学受験

2次試験の得点のみで採点可能な大学をご紹介します。

見出しの大学名をクリックしたら各大学の詳細がご覧になれます

入試科目の詳細や配点はリンク先をご覧ください。

 

 

東京工業大学

 

ご存じの方も多いでしょうが、共通テストは足切り(600点)のみに利用されます。

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

神戸大学経営学部

 

募集人員の約30%は二次試験の高得点者を優先的に合格します

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

電気通信大学

  • 二次試験の高得点者は優先的に合格する制度があります。
  • 前期は45名以内、後期は30名以内と定められています。

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

名古屋大学

工学部

  • 各学科の募集人員のうち二次試験のみで10%をそれぞれ限度として選抜

※いずれも第1志望学科に限る

 

農学部

  • 各学科の募集人員のうち二次試験のみで20%をそれぞれ限度として選抜

※いずれも第1志望学科に限る

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

会津大学

学部

  • コンピュータ理工学部

特徴

  • 共通テストは理科1科目のみなので事実上なしに等しい
  • ※理科は、「基礎2科目」または「発展1科目」から選択
  • 2次は数学(数学Ⅲまで)250点と英語200点
  • 意外と就職良いようです
  • キャンパスが綺麗で、24時間開いている施設がある

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

会津大学についてはこちらの記事で詳しくまとめました。

【共通テスト理科1科目】「会津大学」がコスパ最強【偏差値48】

 

水産大学校

学部

  • 水産流通経営
  • 生物生産
  • 海洋生産管理
  • 海洋機械工
  • 食品科学

 

特徴

  • 共通テストなし
  • 出願は共通テスト後に願書郵送してもらって出願すればギリギリ間に合うかも
  • 文部科学省管理外なので独自入試。国立と併願できる
  • 立地は非常に悪い
  • 長崎の水産と併願し、どちらも受かったら長崎に行く人が多いらしいです。
  • 過去問は生協から手に入ります
  • 授業料は国立と同額
  • 大学院への進学も可能。進学・就職実績はこちら。
水産大学校 就職・進学

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

職業能力開発総合大学校

特徴

  • 共通テストなし
  • 文部科学省管理外なので独自入試。国立と併願できる
  • 前期、2月中旬
  • 後期、3月上旬
  • 授業料は国立と同額
  • 共通テスト後に出願可能
  • 理系の大学の中で学費が安いため国立落ちた人におすすめ
  • 大学院への進学も可能。
  • 日本支援機構の奨学金が借りれないが、独自の奨学金がある

 

その他全国に職業能力開発総合短期大学校があります。

ただ2年制の短大です。

全国に以下の職業能力開発短期大学校があります。

 

追加:職業能力開発短期大学校から4大に編入可能に

2022年5月25日に、全国に16ある職業能力開発短期大学校について、政府から「構造改革特区」の認定を受ければ、同じ特区内にある大学への編入を可能とすることなどを盛り込んだ改正構造改革特区法が、25日の参議院本会議で可決・成立しました。

 

ただ同じ特区内っていうのが気になります。

編入は可能になったと言っても、穴場かもしれませんが厳しいかもしれないです。

これはわからないので安易におすすめはできません。

 

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

三重短期大学、生活科学

特徴

  • 共通テストなしで受験可能
  • 医療系を除いて唯一の理系学部がある国公立の短大
  • もちろん国立の前期や後期と関係なく出願できる
  • 共通テスト利用でも出願可能
  • 三重大農学部、岐阜大学農学部など3年次編入の実績が豊富
  • 短大なので学費が安い
  • 意外と浪人して入る人が多いらしい

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

また、3年次編入について当サイトは編入についてかなり力を入れています。

編入についてはこちらの記事をご覧ください。

編入のメリットとデメリット 3年次編入合格の戦略とは??

 

 

関連記事

【2022年最新】共通テスト失敗した人におすすめの国公立大学
【前期・国公立】共通テスト3科目で受験出来る大学一覧【2022年最新】
【穴場】コスパの高い大学12選 ~偏差値の割にお得な大学~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました