東北大学経済学部3年次編入試験の対策について

こんにちは。

今日は東北大学経済学部3年次編入試験の対策についてです。

 

編入試験自体について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

日程

11月中旬です。

神戸大や名古屋大が終わったあとくらいです。

入試科目

2018年より入試方法が変更になりました。

1次試験がTOEICになり、足切りがあります。

1次試験

  • TOEIC

2次試験

  • 数学が必須になりました。
  • 経済学基礎問題or経営学基礎問題
  • TOEICの点数

 

数学が必須科目になったので受験者数は1.5倍くらい減りました。

 

経済学・経営学の基礎問題って?

基本的にどっちの科目を選択してもいいです。難易度も同じくらいです。

しかし面接の時に経営について勉強したいと言ったのに、
経営学を選択していなかったら、面接で突っ込まれることがあるようです。

     

    また、難易度は本当に基礎的です。

    経済学においては正直神戸大学の経済学部の経済学の方が難しいです。

    らくらく経済学だけでも戦えますが、やや計算問題よりも記述が多いです。

    しっかり基礎的なことを頭に入れておきましょう。

     

    経済学と経営学の参考書や勉強方法はこちらの記事で詳しく解説しました。

     

    数学は?

    数学についても基礎的です。簡単な偏微分や最大最小の問題は頻出です。

    また数学は統計が頻出なので勉強しておきましょう。

    範囲は「線形代数及び微積分学の基礎的問題」となっていますが、一応統計の勉強しておきましょう。

     

    数学の参考書や勉強方法についてはこちらの記事で解説しています。

    小論文は?

    80分で2000字です。結構大変です。内容は時事的な内容が多いです。

    最低限、論点はやりましょう。

    毎年出版されるので最新年度を購入してください。
    ですが、論点は他の受験生も読んでいるので論点と同じ意見は書かない方がいいです。

     

    あと、要約が出題されるので、素早く読んで要約する練習はしておいた方がいいです。

     

    TOEICはいくら必要?

    過去には500点代でも合格者はいるそうです。

    600点代でも合格者はそこそこいます。

    ただ合格者は700点代が多いです。

    たぶん足切りのラインは550から600あたりでしょう。

    ちなみに、TOEICの点数は点数を10で割って計算します。

    500点であれば50点です。

    満点の990点を取れば99点です。

    TOEICで高得点を取れば取るほど有利です。

    TOEIC対策について

    英語と言えばリーディング(読む)のイメージでしょう。

    しかし、TOEICにおいて上がりやすいのは意外にも圧倒的にリスニングです。

    多くの方のTOEICの点数を見たことありますが、リーディングの方が点数高い方見たことないです。

     

    TOEICのリスニングは最初の頃は「何言うてんねんw」という感じでしょう。

    早すぎて何を言っているのか聞き取れません。

    しかし、そこを乗り越えたら、質問が単純なので高得点取れるようになります

    リスニングは聞き取れさえすれば簡単に点数が上がるのです。

    そこでリスニングに重きを置いた対策をする必要があります。

     

    まずは音声を自力で聞きとれるようにならなければなりません。

    効果のある対策としてはディクテーションです。

    ディクテーションとは音声をひたすら文字に起こし続けます

    何が聞き取れていないかをはっきりさせることができます。

    効果は高いのですが、まあやる気起きないです。

    退屈だし面白みがないし、そもそも正しいやり方がわからないんですよ。

     

    そこで、おすすめなのが、スタディサプリ ENGLISHのTOEICL&R TESTコースです。

    こちらはスタディサプリ ENGLISHのTOEICに特化したコースです。

    非常に使いやすく高い効果を期待できます。

    特に文法とリスニングがオススメです

    文法は関先生の解説動画が非常にわかりやすいです。

    リスニングはディクテーションが素晴らしいです。

    ディクテーションがやりやすいようにに誘導されています。

    ディクテーションは自分でやろうとしても上手くできないし、やる気もでません。

    またスマホのアプリからも対応しているのがいいですね。

    無料で7日間お試しできるので、是非どうぞ。「 まずは、TOEIC®L&R TESTコース」を7日間お試し!!

     

    実際に使ってみた感想はこちらの記事に書きました。

     

     

    あと、専属のコーチを付けられるTOEIC® L&R TEST対策コース パーソナルコーチプランもあります。

    チャットと音声通話でコーチからアドバンスが貰えるプランです。

    短期集中でTOEICの点数をあげるプランです。

     

    こんな方にオススメです。

    • 自分ではTOEICの勉強のやる気が起きない人
    • 元々英語が苦手な人
    • 編入試験まで時間が無くてすぐに点数上げる必要がある人

     

    こちらも無料で7日間お試しできます。(無料期間中もコーチとチャット・通話可能)

    まとめ

    毎年合格者は20人程度しっかり取ります。

    また志望理由書も必要ないです。

    努力すればきっと報われるでしょう。

     

    あと、過去問については編入予備校に入ることをおすすめします。

    おすすめは一番大手の中央ゼミナールです。

    一番安い受験アシストコースは6万円で入ることができます。
    http://www.chuo-seminar.ac.jp/distance/expense/

    また、過去問だけでなく面接で何を聞かれた等情報も手に入ります。

    ちょっと高いですが、編入試験は情報戦ですので課金しましょう。

    予備校についての詳細はこちらの記事で解説しましたのでご覧ください。

     

    学校別対策

    【国公立大学】経済学部 編入 実施一覧

    情報系学科(文系)3年次編入 実施一覧【併願におすすめ】

    東北大学経済学部3年次編入試験の対策について

    横浜国立大学経済学部3年次編入試験の対策について

    九州大学経済学部3年次編入試験の対策について

    名古屋大学経済学部3年次編入試験の対策について

    神戸大学経済学部3年次編入試験の対策について

    神戸大学経営学部3年次編入試験の対策について

     

    その他編入試験の情報はこちらをご覧ください。

    編入