神戸大学経営学部3年次編入試験の対策について

編入

神戸大学経営学部3年次編入試験の対策についてです。

 

日程

毎年11月3日の祝日に試験が行われます。

経済学部も同じ日程なので併願できません。

 

入試科目

  • TOEIC
  • 小論文
  • 以下選択科目の中から1科目
    • 経営学
    • マーケティング
    • 経済学
    • 会計学
    • 数学

 

どの選択科目が有利?

ぶっちゃけ全科目難易度が毎年変動します。

比較的難易度の変動が少ないのは数学です。

ただ選択科目は当日問題を見て選べるので、数科目勉強して当日様子見をして選択するのもありです。

併願で受ける大学に合わせて科目を選ぶのが無難でしょう。

おすすめは、経営学です。

 

各科目の特徴と勉強方法

経営学とマーケティング

範囲は被っているので、経営学を勉強すればマーケティングも解答できる可能性あります。

基本は経営学を選ぶ方が多いです。

問題数が少なく長文記述が中心です。(形式も2科目共に全く同じ)

TOEIC高得点(800点以上)を取っている方が、選択して無難に合格するイメージです。

勉強はしやすいですし、併願でも使える大学あるので一番おすすめです。

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

すぐ読み終わります。

時間ない方はこれだけでも読んでください。

 

Vテキスト

公務員試験の参考書です。多くの受験生はこれをやっています。

要点がよくまとまっています。

しっかりこれを読み込んで暗記すれば、大体どこの大学でも対応できます。

 

ゼミナール 経営学入門

ものすごく厚い本です。よくいろんなブログで紹介されています。

他の大学の経営学では必要ないですが、神戸大学の経営学部の経営学は長文記述中心なので、読んでおいた方がいいです。

大体合格者の方はこの本をやっています。

 

大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる

一応マーケティングの本も紹介します。

マーケティングも勉強していたら、経営学の知識がより深まるはずです。

余裕があればって感じです。

 

経済学

難易度が高い年が多いので選ばない方がいいです。

記述が結構えぐいです。

ただ京大や阪大を併願で受ける人は経済学で受験してもいいでしょう。

大体経済学で受験して合格する方は、京大と阪大も合格している元々頭のいい人たちです。

 

会計学

意外と選択者は会計学が一番多いです。

昔は簡単だと言われていましたが、近年は難易度が高いという声が多くあまりオススメできません。

併願で使える大学は少ないですし、傾向が他の大学と違います。

簿記2級程度の知識が必要だと言われています。

 

スタディサプリ高校講座

実はスタディサプリでは、簿記2級まで動画講義で学べます。

超一流の講師が動画講義で丁寧にやってくれるので、全く簿記をやったことがない方でもついてこれるでしょう。

しかも月980円(税抜)とお値打ち価格です。

全く簿記を勉強したことない方もスタディサプリの講義を聞いてみましょう。

 

数学

おそらく数学を選択している方はほとんどいないはずです。

経済学部が数学必須になったのでより少なくなったと思われます。

数学アレルギーがなければ数学選択をおすすめします。

TOEICが600点代や500点代で逆転合格した方は数学が多いです。

 

また、東北大学も数学必須になったので併願するといいでしょう。(東北もTOEICです。)

 

ただ、神戸経営の数学は証明問題が出るなどややひねった問題も出題されますが、よく考えたら解答は導き出されます。

もちろん高校範囲についても出題されます。

過去には数列やベクトルが出題されています。

まずは高校範囲

高校範囲を固めないとお話になりません。

まずはスタディサプリで基礎を固めましょう。

全く勉強をしたことがない所や、苦手な所はスタディサプリの動画講義で理解を深めましょう。

 

特に三角関数と指数対数と、数Ⅲの微積の計算は必ず極めてください

対数の計算は経済学の計算問題でもよく出てきます。

 

数学苦手な方もとりあえずスタディサプリの講義を聞いてみましょう。

 

大学範囲

以下のところは最低限絶対できるようにしてください。

  • 行列式や固有ベクトルの計算
  • マクローリン展開
  • 偏微分を使った最大最小問題(極大、極小)

最近は証明問題も出るので本質を理解してください。

 

過去には微分方程式も出題されたことあるので、一応勉強しましょう。

ですので、経済学に特化した参考書よりは理系も使う参考書をおすすめします。

こちらの参考書は解説が丁寧でかなりわかりやすいです。

 

その他数学の勉強方法の詳細はこちらの記事をご覧ください。

『経済学部』の編入試験「数学」のオススメ参考書・勉強方法
今回は経済学部の編入試験の数学の勉強方法と参考書についてです。経済数学の特徴経済数学の範囲範囲は以下の通りです。 高校数学の数Ⅲまでの内容 偏微分 線形代数(行列)重積分は九大以外では出題さ...

 

小論文は?

経営に関する小論文が出題されます。

開示を請求した人の話によると採点は結構厳しいようです。

 

正直経営の知識がなくても答えられますが、当然知識はあった方がいいです。

 

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

経営学の所でも紹介しましたが、経営学部を志望するものとして最低限この本は読みましょう。

併願で名古屋大学の経営学部を受ける場合もこの程度の経営学の知識は必要です。

すぐ読めるのでご安心ください。

 

はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!

また過去には粉飾決算に関する会計学に関する問題も出題されています。

余裕があればこのような本を読めばいいでしょう。

本当に余裕があればで結構です。

 

カカチャンネル(YouTube)

これは絶対見ておいた方がいいです。

YouTubeのゆっくり解説でお馴染みのカカチャンネルさんもおすすめです。

【ゆっくり】ダイエーの原点を探す旅(神戸)

しくじり企業っていう企画で、なぜその企業がやらかしたか学べます。

かみ砕いて解説しているので、わかりやすいです。

神戸大学の経営学部の小論文は企業に関する題材がよく出題されるので、必ず見ておきましょう。

当日小論文を書く際はこのやらかした事例も提示した上で、自分の意見を書けばより深い文章が書けるでしょう。

 

TOEICはいくら必要?

得点の換算の仕方はよくわかりません。

たぶん偏差値的な計算の仕方をしていると思われます。

ですが、わかっていることは点数を取れば取る程有利です。

 

神戸大学経営学部では専門科目や小論文よりもTOEICで一番差が付きます。

 

専門科目はみんな好きで勉強をしているので差が付きません。

それほど専門科目は難易度も高くないですし。

 

一応500後半でも合格者はいます。

ただ合格者の多くは700点代です。

ただし専門科目で失敗してしまうと800点代でも落ちることはよくあります。

例外はありますが、700はないとお話にならないと思ってください。

 

TOEICは短期集中で

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因です。

何回でもTOEICの受験ができるので後回しにしがちです。

気がついたら受験が終わっていて、就活が始まっています。

TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべしです。

 

ちなみに、ECC編入学院の場合はTOEIC高得点を取れば特待生制度があります。

〈文系限定〉 特待生資格S/TOEIC(R) リーディング410点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より50%OFF

〈文・理・院〉 特待生資格A/TOEIC(R) リーディング380点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より30%OFF

合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いです。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできます。

スコアは他の大学でも使い回せます。

 

ちなみに、ですがTOEICが使える大学は以下の通りです。

参考までに合格の目安の点数も示しておきます。

  • 東北大学(700点)
  • 名古屋大学(800点)
  • 神戸大学経営学部、経済学部(750点)
  • 横浜国立大学(620点)
  • 埼玉大学(700点)
  • 和歌山大学(600点)
  • 愛媛大学(600点)
  • 静岡大学(650点)
  • 滋賀大学(650点)
  • 長崎大学(600点)

 

こんなにTOEIC大事なのに編入予備校はあまりTOEICに力を入れていません。

 

そこで、オススメがこちらです。

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン です。

 

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれます。

毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られます。

3か月または6ヶ月短期集中で結果を残します。

250点アップじめ、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

 

またチャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能です。

日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

 

↓公式サイトはこちら↓

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン全ての機能が7日間無料でお試し可能

 

またこちらの記事でもパーソナルコーチプランの詳細や料金や実績をまとめました。

【編入向け】スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』
今回はスタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランについて解説します。 TOEIC パーソナルコーチプランとは?担当コーチが徹底的に管理担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれま...

まとめ

とにかくTOEICで高得点を取りましょう。

TOEICは偏差値みたいな計算方法するので一番差が付きます。

 

できれば、TOEICで800点代取って、経営学で受験すれば無難に合格するでしょう。

併願で名古屋大学の経営学部を受験するのがおすすめです。

 

選択科目については科目の特性を考えてチョイスした方がいいです。

一度過去問を請求して確認しましょう。

小論文についても同様です。

一度過去問の問題を実際に時間計って解いてみましょう。

学校別対策

【国公立大学】経済学部 編入 実施一覧

情報系学科(文系)3年次編入 実施一覧【併願におすすめ】

東北大学経済学部3年次編入試験の対策について

横浜国立大学経済学部3年次編入試験の対策について

九州大学経済学部3年次編入試験の対策について

名古屋大学経済学部3年次編入試験の対策について

神戸大学経済学部3年次編入試験の対策について

神戸大学経営学部3年次編入試験の対策について

 

その他編入試験の情報はこちらをご覧ください。

編入
編入試験とは編入試験とはどういうものなのか詳しくまとめました。勉強方法科目別勉強方法です。ない科目は勘弁ください。大学別編入試験情報こちらで...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました