編入試験でのTOEICの重要性・勉強方法について いくら必要?

こんにちは。

編入試験でのTOEICの重要性についてお話しします。

ほとんどの大学がTOEICを採用している

非常に多くの大学でTOEICを採用しています。

筆記試験の英語の問題よりも、TOEICを採用している学校の方が多いと言っても過言ではありません。

英語が筆記だった大学もTOEICに変更している

筆記だった学校もTOEICに変更しています。

筆記の英語の問題って作問するのってめんどくさいんですよね。

英字新聞などから文章拾ってきて、問題作るのは教授からすると結構手間です。

 

しかも、採点は大学入試では採点専門の会社が採点しますが、編入試験では教授自らが採点します

結構採点は手間なので記述だった大学もTOEICに変更しています。

 

また、京大のように記述からTOEFLに変更した大学もあります。

 

何度も受験出来る

筆記試験ではその時出来なかったら終わりです。

一発勝負の記述試験は緊張や本番の問題の相性で失敗する可能性はあります。

しかし、TOEICでは何度も受験し、反省をしながら得点を上げることができます。

編入以外でも役に立つ

TOEICは編入だけでしか役に立たないというわけではありません。

もちろん院試でもTOEICを採用している大学も多いです。

 

多くの大学ではTOEICで単位認定ができます。

 

また就活でも役に立ちます。

TOEICで足切りしている企業もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

TOEICはいくら必要?

横浜国立大学の経済学部のように出願要件のみに利用してる大学はあります。

また、700点を満点にとしている大学もあります。

ただし、ほとんどの大学はTOEICの得点を取れば取るほど有利です。

 

最低でも600点、出来ることならば800点・900点を目指しましょう。

 

実際800点以上取った人が併願でいくつか受験して全落ちした人はまず見たことありません。

どこの大学でも専門試験ではあまり差が付かないため、TOEICを強化することをオススメします。

 

TOEICで編入の勝ち負けが決まると言っても過言ではありません。

 

編入の受験を決めたらまずTOEIC

編入の受験を決めたらまず、TOEICから始めましょう。

(英語が筆記の大学や英語がないところしか受けない人は除く)

 

専門試験は3か月程度あればまず仕上げることができます

しかし、TOEICはかなり時間が掛かります。

得意な人ならさらっと800点取れますが、多くの人は短くても半年は掛かります。

(元々余裕でセンター試験の英語で9割を安定して取っている人達)

 

元々英語が苦手な人であれば、1年以上時間が掛かることは覚悟した方がいいでしょう

TOEIC対策は早めに取り掛かる必要があります。

 

まずはディクテーション

英語と言えばリーディング(読む)のイメージでしょう。

しかし、TOEICにおいて上がりやすいのは意外にも圧倒的にリスニングです。

多くの方のTOEICの点数を見たことありますが、リーディングの方が点数高い方見たことないです。

 

TOEICのリスニングは最初の頃は「何言うてんねんw」という感じでしょう。

早すぎて何を言っているのか聞き取れません。

しかし、そこを乗り越えたら、質問が単純なので高得点取れるようになります

リスニングは聞き取れさえすれば簡単に点数が上がるのです。

そこでリスニングに重きを置いた対策をする必要があります。

 

まずは音声を自力で聞きとれるようにならなければなりません。

効果のある対策としてはディクテーションです。

ディクテーションとは音声をひたすら文字に起こし続けます

何が聞き取れていないかをはっきりさせることができます。

効果は高いのですが、まあやる気起きないです。

退屈だし面白みがないし、そもそも正しいやり方がわからないんですよ。

 

そこで、おすすめなのが、スタディサプリ ENGLISHのTOEICL&R TESTコースです。

こちらはスタディサプリ ENGLISHのTOEICに特化したコースです。

非常に使いやすく高い効果を期待できます。

特に文法とリスニングがオススメです

文法は関先生の解説動画が非常にわかりやすいです。

リスニングはディクテーションが素晴らしいです。

ディクテーションがやりやすいようにに誘導されています。

ディクテーションは自分でやろうとしても上手くできないし、やる気もでません。

またスマホのアプリからも対応しているのがいいですね。

無料で7日間お試しできるので、是非どうぞ。「 まずは、TOEIC®L&R TESTコース」を7日間お試し!!

 

実際に使ってみた感想はこちらの記事に書きました。

 

 

あと、専属のコーチを付けられるTOEIC® L&R TEST対策コース パーソナルコーチプランもあります。

チャットと音声通話でコーチからアドバンスが貰えるプランです。

短期集中でTOEICの点数をあげるプランです。

 

こんな方にオススメです。

  • 自分ではTOEICの勉強のやる気が起きない人
  • 元々英語が苦手な人
  • 編入試験まで時間が無くてすぐに点数上げる必要がある人

 

こちらも無料で7日間お試しできます。(無料期間中もコーチとチャット・通話可能)

関連記事