編入試験「生物」のオススメ参考書・勉強方法

編入

今日は編入試験の生物の勉強方法についてご紹介します。

 

編入試験の生物の特徴

基本的に大学受験と範囲が変わらない

過去問を見てください。高校の時の知識で大方解けるはずです。

まずは、大学受験レベルを固めましょう。

 

大学範囲が一部出る

大学の範囲も出ます。

大学範囲に関しては基本的に軽く勉強すれば十分です。

 

過去問が最重要

大学によって出題の傾向が違います。

過去問をできるだけ多く手に入れて、傾向を分析しましょう。

ただし、過去問は多くて3年分しか手に入りません。

中にも1年分しか手に入らない大学もあります。

 

編入予備校に入れば、多くの過去問が手に入ります。

5年分とか持っている場合が多いです。

 

出来るだけTOEICで点数を稼ぐ

ぶっちゃけ理科や数学は多くの受験生は得意なので差が付きません。

理系編入では多くの大学はTOEICです。

TOEICでできるだけ高い点数を取っておきましょう。

しかも理系編入では高専生が多く、高専生は英語が苦手です。

英語で良い点数を取ったら差を広げることができます。

 

 

TOEICは短期集中で

生物が使える大学の多くはTOEICが使えます。

編入試験に合格するには、生物などの専門科目を極めるよりも、TOEICの点数を上げた方が効率良いです。

 

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因です。

何回でもTOEICの受験ができるので後回しにしがちです。

気がついたら受験が終わっていて、就活が始まっています。

TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべしです。

 

 

合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いです。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできます。

スコアは他の大学でも使い回せます。

 

ちなみにですが、農学部でTOEICが使える大学は以下の通りです。

  • 筑波大学
  • 広島大学
  • 東京農工大学
  • 山形大学
  • 茨城大学
  • 宇都宮大学
  • 新潟大学
  • 静岡大学
  • 金沢大学
  • 三重大学
  • 鳥取大学

 

こんなにTOEIC大事なのに編入予備校はあまりTOEICに力を入れていません。

 

まずは公式問題集をやり込む

公式問題集以上に質が高い問題集や参考書は存在しません。

公式問題集は本番と全く同じ形式であり、作問者も同じです。

特にリスニングは本番とナレーターが同じなので徹底的に何回も聞きましょう。

聞いてるだけでは飽きるので、声に出してみたり・音声を書き起こしてみたりしましょう。

 

 

金のフレーズ

TOEIC受験生ならば誰もが使っている1冊です。

TOEICに出てくる独特な単語が網羅されています。

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

文法について演習量が肝です。

この参考書は解説がわかりやすいです。

大学受験でいう「Next Stage」や「アップグレード」みたいな使い方をしてください。

 

英語苦手な人向け

おそらく編入試験を目指している方は、一般入試で落ちた人でしょう。

特に英語が苦手な方は編入試験では致命的です。

そもそも英語が苦手な人は自分で勉強する気もしないでしょう。

一般入試と同じ失敗を繰り返したくないならば、他人に勉強を管理して貰うべきです。

 

そこで、オススメです。

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン です。

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれます。

毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られます。

3か月または6ヶ月短期集中で結果を残します。

250点アップじめ、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

 

またチャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能です。

日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

 
↓公式サイトはこちら↓
スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン全ての機能が7日間無料でお試し可能

 

またこちらの記事でもパーソナルコーチプランの詳細や料金や実績をまとめました。

【編入向け】スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』

編入試験の生物にオススメな参考書

まずは、高校範囲の基礎を固める

過去問見ればわかりますが、高校の範囲の知識で結構解けます。

まずは高校範囲の基礎を固めましょう。

 

おすすめはスタディサプリです。

超一流の講師が動画講義で丁寧に教えてくれます。

しかも月2178円とお値打ち価格です。

生物については参考書でひたすら暗記も可能ですが、スタディサプリ動画で見た方が頭に残りやすいです。

 

しかし、生物は暗記というより理解です

例えば、目の作りでは目の部分についてゴリゴリに暗記しても点数は取れます。

ただゴリゴリに暗記するのは結構しんどいですし、すぐ忘れます。

動画講義だと、なぜそうなのか?という部分に触れているので、

理解するだけで、頭に残りやすくなります。

動画講義を見ることによって、生物を力技で暗記する必要はなくなります。

動画で見た方が詳しい仕組みとか、原理を説明されるので頭に残りやすいです。

 

生物をやったことない方もとりあえずスタディサプリの講義を聞いてみましょう。

 

ただ動画はちょっとした空き時間では見れないので、参考書も読みましょう。

ある程度網羅性があれば参考書はどれでもいいです。

 

重要問題集

演習の問題集です。

量が多いですが、C問題飛ばせばちょうど良い量です。

ただ、大学受験でセミナーを使った人はセミナーで十分です。(寧ろセミナーの方がいいです)

 

大森徹の生物 記述・論述問題の解法

過去問見て、論述問題があって対策が必要だと思ったらこれをやりましょう。

 

Essential細胞生物学

大学範囲はこれで読み流す程度で十分です。

過去問みながら、出題された分野を辞書変わりにつかいましょう。

 

大学1・2年生のためのすぐわかる演習生物

大学向けの演習の参考書は少ないです。

特に大学1・2年向けになるともっと少なくなります。

 

関連記事

化学の勉強方法はこちらの記事をご覧ください。

編入試験「化学」のオススメ参考書・勉強方法

 

また、農学部の編入についての情報はこちらの記事をご覧ください。

【国公立大学】農学部 編入 実施一覧

 

【大学生限定】まだ使っていないならもったいない!!【本10%還元

大学生限定のアマゾンのPrime Student

大学生限定で入れるアマゾンのPrime Studentを利用すると、本3冊以上同時購入で10%ポイント還元されます。

これはAmazonが行う学生への特別サービスです。

学生である証明は、学籍番号及び学生用Eメールアドレスで可能です。

 

6か月無料→月額料金半額

しかも太っ腹なことにPrime Student6か月無料です。

さらに6か月過ぎても、学生の間は通常のプライム会員の半額の250円で利用できます。

気に入らなければ、無料期間内の6か月以内に解約してもOKです。

 

機能は通常のプライム会員と同じ

Prime Studentに入ると、最短で届くお急ぎ便やPrime Videoも見れます。

 

注文の時にコード入力

注文の際にクーポンコード:『STUBOOK』を入力すれば、10%ポイント還元されます。

コード入力を忘れないようにしましょう。

 

入って損はないので、まだ入ってない方は入っておきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました