編入試験でのTOEICの重要性・勉強方法について いくら必要?

こんにちは。

編入試験でのTOEICの重要性についてお話しします。

 


ほとんどの大学がTOEICを採用している

 

非常に多くの大学でTOEICを採用しています。

筆記試験の英語の問題よりも、TOEICを採用している学校の方が多いと言っても過言ではありません。

 

 

 

英語が筆記だった大学もTOEICに変更している

 

筆記だった学校もTOEICに変更しています。

筆記の英語の問題って作問するのってめんどくさいんですよね。

英字新聞などから文章拾ってきて、問題作るのは教授からすると結構手間です。

 

しかも、採点は大学入試では採点専門の会社が採点しますが、

編入試験では教授自らが採点します

このように結構手間なので記述だった大学もTOEICに変更しています。

 

また、京大のように記述からTOEFLに変更した大学もあります。

 

 

 

 

何度も受験出来る

 

筆記試験ではその時出来なかったら終わりです。

緊張や本番の問題の相性で失敗する可能性はあります。

しかし、TOEICでは何度も受験し、反省をしながら得点を上げることができます。

 

 

 

編入以外でも役に立つ

 

TOEICは編入だけでしか役に立たないというわけではありません。

もちろん院試でもTOEICを採用している大学も多いです。

 

多くの大学ではTOEICで単位認定ができます。

 

また就活でも役に立ちます。

TOEICで足切りしている企業もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

TOEICで良い点数を取るどのような場面で役に立つの?

 

 

 

 

TOEICはいくら必要?

 

横浜国立大学の経済学部のように出願要件のみに利用してる大学はあります。

また、700点を満点にとしている大学もあります。

ただし、ほとんどの大学はTOEICの得点を取れば取るほど有利です。

 

最低でも600点、出来ることならば800点・900点を目指しましょう。

 

実際800点・900点取った人が旧帝大などの上位国立大学を併願でいくつか受験して

全落ちした人はまず見たことありません。

どこの大学でも専門試験ではあまり差が付かないため、TOEICを強化することをオススメします。

 

 

TOEICで編入の勝ち負けが決まると言っても過言ではありません。

 

 

 

 

編入の受験を決めたらまずTOEIC

 

編入の受験を決めたらまず、TOEICから始めましょう。

(英語が筆記の大学や英語がないところしか受けない人は除く)

 

専門試験は3か月程度あればまず仕上げることができます

 

しかし、TOEICはかなり時間が掛かります。

得意な人ならさらっと800点取れますが、多くの人は短くても半年は掛かります。

(元々余裕でセンター試験の英語で9割を安定して取っている人達)

 

元々英語が苦手な人であれば、1年以上時間が掛かることは覚悟した方がいいでしょう

TOEIC対策は早めに取り掛かる必要があります。

 

 

 

 

TOEICのオススメ教材

 

公式問題集

 

 

 

 

 

どんなに元々地頭が良くて900点代取る人でもこれだけは必ずやっています。

公式問題集はETSが作った質の高い問題集です。

本番と同じ形式の問題がそのまま収録されています。

大学入試で言えば赤本に近いです。

また、公式問題集はリスニングのナレーターも本番と同じです。

高得点を取った人はリスニングのCDを擦り切れるほど聞いたと言っています。

 

 

 

 

金のフレーズ

 

 

これは単語帳ですね。

TOEICの単語帳は分厚いものが多いですが、

金フレはコンパクトなので非常に勉強しやすいです。

 

ここに書いている単語は本当によく出題されています。

特に大学入試に出題されないが、TOEICに頻出の単語が載っています。

brochure(パンフレット)、balance(残高)とか大学入試では出題されませんが、

TOEICでは頻出です。

 

また紙の書籍を買えば電子書籍もダウンロードできます。

隙間時間にこの本で単語を暗記しましょう。

 

 

 

 

スタディサプリ ENGLISH

 

 

こちらはスタディサプリの英語版です。

文法とリスニングが苦手な人に非常にオススメです

L&R TESTコーではTOEICに関するコンテンツが利用できます。

関先生がTOEICの勉強方法や問題解説を動画で解説しているのがいいです。

 

 

特にリスニングのディクテーションが素晴らしいです。

 

 

 

自分でやろうとしても上手くできないし、やる気もでません。

スタディサプリ ENGLISHでは、

ディクテーションがやりやすいようにに誘導されています。

 

またスマホのアプリからも対応しているのがいいですね。

 

料金や評判等の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

スタディサプリENGLISH の TOEIC L&R TEST対策コース を実際に受けてみた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ