編入試験のTOEIC対策で最も大切なこと

編入

今日は編入試験や院試のTOEICで最も大切なことです。

 

まずTOEICの申し込みをすること

それはズバリ

TOEICの申し込みをすることです。

 

TOEICの申し込みをしてからおよそ1か月~2カ月ほど期間があります。

その間にかなり勉強ができます。

とりあえず申し込みすることで目標を定めることができます。

 

勉強していないことを言い訳に申し込みしていない方いませんか?

受験料をケチっている方いませんか?

 

それではいつまで経っても点数は上がりません。

 

TOEICって何度も受けて試験慣れして高得点が取れる試験なんです。

 

申し込みをすることでスタートが切れます。

初めの何回かはみんな得点低いです。

恥ずかしがらず低い得点を取りましょう。

何回か受けているうちに必ず点数は上がりますから。

 

まずは、必ずTOEICの申し込みをしましょう。

 

粘り強く何回も受験

次に大切なのはTOEIC何回も受験することです。

ほとんどの方は何回も連続でTOEICを受験することによってスコアを伸ばしています。

 

編入を志望するのならば短期集中で連続で最低3回は受けてください。

たまに、元々センター試験の英語を30分余らせて満点取れるくらいの能力があれば1発で良い点数取れます。

しかし、多くの方は繰り返し受験をして慣れないとまともな点数取れません。

最初は300点代になる方も多いかとは思いますが、挫けず頑張ってください。

繰り返し受験することで伸びる試験です。

 

TOEICは短期集中で

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因です。

何回でもTOEICの受験ができるので後回しにしがちです。

気がついたら受験が終わっていて、就活が始まっています。

TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべしです。

合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いです。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできます。

 

そこで、オススメがこちらです。

スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』です。

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれます。

毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られます。

3か月または6ヶ月短期集中で結果を残します。

250点アップじめ、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

 

またチャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能です。

日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

 

↓公式サイトはこちら↓

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン全ての機能が7日間無料でお試し可能

 

またこちらの記事でもパーソナルコーチプランの詳細や料金や実績をまとめました。

【編入向け】スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』

 

関連記事

【国公立大学】経済学部 編入 実施一覧
【国公立大学】農学部 編入 実施一覧
情報系学科(文系)3年次編入 実施一覧【併願におすすめ】
【穴場】2年次編入試験 国公立大学一覧
神戸大学経営学部3年次編入試験の対策について
神戸大学経済学部3年次編入試験の対策について
名古屋大学経済学部3年次編入試験の対策について
九州大学経済学部3年次編入試験の対策について
横浜国立大学経済学部3年次編入試験の対策について
東北大学経済学部3年次編入試験の対策について
広島大学生物生産学部3年次編入試験の対策について

 

コメント

  1. 編入希望 より:

    はじめまして。
    来年滋賀大学企業経営学科の編入試験を受けようと考えている者です。
    受験科目がTOEICと面接なのですが、TOEICは800点台だと受かる可能性は高いでしょうか?

    • takurououen より:

      返信遅くなり申し訳ございません。
      800あればかなり可能性高いです。
      他の名大や神戸も受験することを強くおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました