診断士ゼミナールのリアルな評価 口コミや評判は?

中小企業診断士

今回は中小企業診断士の通信講座の診断士ゼミナールについてです。

株式会社レボが運営しているので、レボとも呼ばれています。

多くの人が検討をしているスタディングの中小企業診断士の講座とも比較します。

【本音比較】中小企業診断士 通信講座ランキング~独学は無理?~
今回は中小企業診断士の通信講座についてリアルに比較しました。他サイトとは一味違う比較になっています。また最後に独学についてのコラムも書いてあるので、最後までご覧ください。中小企業診断士の試験内容一応わからない...

 

中小企業診断士の試験内容

一応わからない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に試験について解説します。

知っている方は飛ばしてください。

1次試験

試験科目

試験は2日間あります。

試験科目 配点 試験時間
経済学・経済政策 100点 60分
財務・会計 100点 60分
企業経営理論 100点 90分
運営管理 100点 90分
経営法務 100点 60分
経営情報システム 100点 60分
中小企業経営・中小企業政策 100点 90分

科目合格制度

また、昨年一部の科目を合格すれば、翌年から免除される制度があります。

この制度を利用すれば長期戦になりますが、勉強しやすくなります。

2次試験は科目合格制度はありません。

キーとなる科目

苦手な方が多いのは、「経済学・経済政策」と「財務・会計」です。

計算問題があり理論的なことをしっかり理解しないと、点数が取れない科目です。

他の科目は割と暗記中心なので勉強しやすいでしょう。

「財務・会計」は2次試験でも出題される重要な科目です。

合格のルール

総得点の60%以上取りかつ、各科目で40点を下回る科目がないことです。

合格率は20%程度です。

 

2次試験

試験科目

筆記試験です。マーク式ではありません。

試験科目 配点
事例Ⅰ(組織・人事) 100点
事例Ⅱ(マーケティング・流通) 100点
事例Ⅲ(生産・技術) 100点
事例Ⅳ(財務・会計) 100点

また口述試験もありますが、合格率99%なので割愛します。

合格率は1次と同じ20%ですが、1次突破した人の中で20%なので、1次よりも難易度はかなり高いです。

 

 

料金はスタディングとほぼ同じ

講座は54,800円ですが、テキスト代がオプションで18,500円掛かります。

合計は73,300円(税別)です。

ただし、教育訓練制度の給付対象ではありません。

たまに期間限定で2000円オフキャンペーンをやっていることもあります。

 

一方で、スタディングの一番人気のスタンダードコースはテキスト代込みで71,700円(税別)です。

ですが、スタディングは教育訓練制度の給付対象です。

 

対象者であれば20%修了したら返ってきます。

ちなみに、不合格や予定が合わなくて受験できなかった場合も返ってきます。

 

給付条件は以下の2つのどちらかです。(基本働いている方であれば対象でしょう。)

①在職中の方 雇用保険の一般被保険者
受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上ある方。
※同制度の利用が初回に限り1年以上の方のみ。

②退職してから1年以内の方 一般被保険者であった方
受講開始日において、一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方。
※同制度の利用が初回に限り1年以上の方のみ。

引用:https://studying.jp/guide/kyufu.html

 

 

合格したら3万円プレゼント

3年以内(2023年度試験まで)に合格したら、合格祝い金として30,000円がプレゼントされます。

ただ顔写真が必要だし、ホームページなどの広告に使用される為それが嫌な方はあまり意味のない制度です。

写真がない場合は3000円になります。

名前の公表はイニシャルでも相談可とのことです。

合格お祝い金を受取るためには、①合格体験記、②合格証書のコピー(写真も可)のご提出が必須となります。
また、③ご本人写真が必要です。
・①から③のすべてを提出された場合・・・30,000円を贈呈
・①と②を提出された場合(③ご本人写真のご提出が無い場合)・・・3,000円を贈呈

※合格体験記等はホームページなどの広告物として使用させていただきます。
※名前の公表について、イニシャル等での表示を希望される方はご相談ください。

引用:https://www.rebo-success.co.jp/year3.html

 

またスタディングは1万円ですが、顔写真や名前については記載がないので公表されないでしょう。

診断士ゼミナールは顔写真なしだと3000円に落ちるので、スタディングの方が顔写真なしの場合は高いです。

 

 

不合格でも無料で2年間延長可能

診断士ゼミナールの最大のメリットは無料で2年間延長可能なことです。

 

しかも、中小企業診断士の試験は、前年度合格した科目は次の年は免除される制度を採用しています

中小企業診断士は働きながら合格を目指す方が多いでしょう。

2カ年計画など長期間で勉強した方が挫折しにくいので、メリットは大きいです。

また1次と2次をストレートで1発で合格する方は1割切ると言われているので、この制度は非常にありがたいです。

 

ちなみに、スタディングは有料ですが、不合格の場合は19800円で更新版が購入できます。

 

 

診断士ゼミナールの講義は編集が簡素

テキストについてはフルカラーでよくまとまってて問題は特にないかと思われます。

 

講義は実際見て頂ければわかると思いますが、編集は簡素です。

十分理解は可能です。補足の解説等もしっかりされているなというイメージです。

サンプル170703(経済学・経済政策)
サンプル170703(運営管理)

 

質問は無制限で可能ですが、返信は少し遅いこともあるようです。

ちなみに、スタディングは質問はQ&Aチケットを購入すれば質問可能ですが、1枚1100円と高めです。(スタンダードコースの場合)

 

 

その他スタディングとの違い

スタディングは編集に力を入れている

スタディングは講義に関しては、テロップ入れたり、アニメーションを付けたりかなり凝っています。

診断士ゼミナールは編集についてはかなり簡素なので大きな差かと思います。

 

ただ気になるのはスタディングは、講師の解説に覇気がないなって思いました。

棒読みに近い感じで、眠くなりそうです。

雰囲気的には、NHKの高校講座みたいな感じです。良い意味で癖がないです。

個人的には、解説だけならば診断士ゼミナールの方が好みです。

 

スタディングはアプリがある

スタディングは通勤中や休憩時間などの隙間時間にさっとスマホを出して勉強しやすいです。

その為1つの1つの講義も短めに設定されています。

 

診断士ゼミナールとの大きな違いは、スタディングはアプリがある点です。

アプリから簡単にダウンロードできて、オフラインで視聴できるのでかなり使い勝手は良いです。

ただしアプリはiosしか用意されていません。

 

診断士ゼミナールも一応ダウンロードしてスマホから見れる仕様にはなっています。

 

2次試験の講座が音声中心

スタディングの2次試験の講座はなぜか音声中心です。

2次合格メソッド講座(8回合計約5時間)は動画もありますが、2次基礎講座(48回合計約33時間)は音声のみです。

診断士ゼミナールは2次試験も動画講義なのでこの差は大きいかなと思います。

 

 

まとめ

最後にスタディングのスタンダードコースとまとめて比較します。

診断士ゼミナール スタディング
料金 73300円 71700円
教育訓練制度 ×
合格祝い金 3万円 1万円
合格祝い金の顔写真 ×
不合格の場合 2年間延長無料 19800円で延長可能
編集の質
解説の質
質問 △(1100円追加料金)
アプリ ×
動画ダウンロード
2次試験の講座 動画 音声中心
公式サイト 公式サイト 公式サイト

個人的には、2年間延期できる診断士ゼミナールの方がおすすめです。

関連記事

【本音比較】中小企業診断士 通信講座ランキング~独学は無理?~
今回は中小企業診断士の通信講座についてリアルに比較しました。他サイトとは一味違う比較になっています。また最後に独学についてのコラムも書いてあるので、最後までご覧ください。中小企業診断士の試験内容一応わからない...

コメント

タイトルとURLをコピーしました