編入試験「面接」の対策方法

こんにちは。

今回は編入試験の対策についてです。

まず志望理由書

編入試験において志望理由書と面接は切っても切り離せない程密接です。

基本的に面接は願書を出願する時に送った志望理由書を元に面接が行われます

志望理由書を掘り下げた質問がされます。

 

例を挙げると以下の通りです。

面接官面接官

志望理由書に〇〇経済学を学びたいとありますが、なぜ学びたいと思ったのですか?

 

面接官面接官

〇〇経済学について何か本を読みましたか?

さらに本について答えると次のように深掘りされます。

面接官面接官

その本について印象に残った点は?

面接官面接官

〇〇経済学の講義は今の大学にもあるじゃないですか?

受験生

◆◆を学びたいけれども在籍校は✖✖に関する内容になっている

 

志望理由書に書いたことはスパッと具体的に答えられるようにしましょう。

 

ちなみに、志望理由書の書き方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

よく聞かれる質問

最近興味のあるニュースは?

適当に答えて大丈夫ですが、少しはあなたの学びたいことに関係のあることにしましょう。

ただし、あまりにも堅いことを答えたら、面接官は大学教授でプロですので、足元すくわれます。

為替がどうのこうのとか、分子がどうのこうのとかあまり具体的なことは控えた方がいいです。

最近読んだ本は?

これも適当でいいです。

適当でもいいですが、読んだ内容等答えられる本にしてください。

勉強方法は?

これも適当でいいです。

あなたがやってきたことを答えてください。

在籍校での思い出

これも適当に答えてください。

正直に話してください。

ここで笑いを取ったら空気が和みますよw

 

まとめ

基本的に多くの大学では落とすための面接ではありません。

志望理由書について深掘りして、後は世間話みたいな大学が多いです。

ですが、一部ガチガチな圧迫をする大学あります。

 

ちなみに、面接で聞かれた情報は編入予備校は持っています。

中央ゼミナールの受験アシストコースが一番安いです。11万円です。

さらに過去問も手に入り、面接対策もして貰えます。

関連記事