センター古文は捨てるのも戦略 ただしこの問題は確実に取れ

こんにちは。

古文が苦手な人もいるでしょう。

苦手で私大や二次で古文を使わない場合は捨ててもいいです。

特に理系の方は捨ててもいいです。

ただし得意な場合はやりましょう。

 


 

古文を捨てても良い理由

 

そこまで配点が高くない

 

古文の配点は900点中50点にしか過ぎません。

たった50点です。

しかも適当に塗れば0点であることはまずありません。

 

適当に3番を塗った時の点数をシミュレーションしてみました。

※最後の問題は2つを塗るので3番と4番を塗る

 

2017年 5点

2016年 16点

2015年 14点

2014年 20点

2013年 5点

2012年 16点

2011年 5点

2010年 8点

 

 

 

 

勉強時間が掛かる

 

古文を勉強しようと思ったら、

  • 古文単語
  • 文法
  • 演習

とかなり勉強しなければなりません。

 

 

努力が反映されない

 

正直勉強しても古文が出来るようになるとは限りません

本当に古文が出来る人は原書を読んでいるようです

枕草子や源氏物語の原書を読んでいるようです。

当然そのような時間は多くの人はないでしょう。

 

 

センター国語の時間的制約

 

センター国語は時間が足りません

古文を捨てることによって現代文や漢文に時間を当てられます。

 

 

 

 

この問題は取ろう

 

ずばり問2です

問2は文法の問題です。

少しの努力で簡単に取れます。

配点も7点と高めです。

特に内容が分からなくても雰囲気で当てられます。

古文単語も知らなくても当てられます。

オススメの参考書を紹介します。

 

この本は薄くてすぐ終わるのでオススメです

文法の所だけ繰り返しやりましょう。

 

 

 

演習はこの本がオススメです。

 

 

まとめ

 

古文の配点が低くて苦手な人は

問2だけ当てに行って、あとは適当に3番塗って

漢文と現代文に時間を掛けましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ