TOEICの「勉強方法」や「絶対買うべき参考書」について

こんにちは。今日はTOEICの勉強方法についてお話しします。

 

TOEICは最近では編入試験や院入試によく使われています。

さらに、大学入試だけではなく就職試験や公務員試験の加点にも使われています。

TOEICを足切りに使っている企業もあります。

また、多くの大学では一定の得点で単位認定もありますね。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

TOEICの特徴

特有の癖に慣れよう

TOEICの問題はとにかく、くせが凄いです。

問題のパターン、解答になりやすい答えの癖がすごいです。

英語が得意な人でも少しは勉強しないと点数が取れません

逆を言えば英語が苦手な人でも演習すれば点数を獲得できます

しかし最終的には元々英語が得意な人が高得点を獲得します。

リスニングは一回だけ

センター試験は2回音声が流れますがTOEICは1回のみです。

また音声のスピードも非常に速いです。

最初は速すぎて何を言っているかわからないでしょう。

何回もTOEICの教材を聞いているうちに、慣れてきます。

リスニングとリーディングぶっ通し

TOEICはリスニング45分、リーディング75分の長時間のテストです。

しかもぶっ通しです。休憩はありません。正直疲れます。

時間が足りない

マジで時間が足りません。

大体の人は最後らへんの問題は適当にマークします。

 

まずはディクテーション

英語と言えばリーディング(読む)のイメージでしょう。

しかし、TOEICにおいて上がりやすいのは意外にも圧倒的にリスニングです。

多くの方のTOEICの点数を見たことありますが、リーディングの方が点数高い方見たことないです。

 

TOEICのリスニングは最初の頃は「何言うてんねんw」という感じでしょう。

早すぎて何を言っているのか聞き取れません。

しかし、そこを乗り越えたら、質問が単純なので高得点取れるようになります

リスニングは聞き取れさえすれば簡単に点数が上がるのです。

そこでリスニングに重きを置いた対策をする必要があります。

 

まずは音声を自力で聞きとれるようにならなければなりません。

効果のある対策としてはディクテーションです。

ディクテーションとは音声をひたすら文字に起こし続けます

何が聞き取れていないかをはっきりさせることができます。

効果は高いのですが、まあやる気起きないです。

退屈だし面白みがないし、そもそも正しいやり方がわからないんですよ。

 

そこで、おすすめなのが、スタディサプリ ENGLISHのTOEICL&R TESTコースです。

こちらはスタディサプリ ENGLISHのTOEICに特化したコースです。

非常に使いやすく高い効果を期待できます。

特に文法とリスニングがオススメです

文法は関先生の解説動画が非常にわかりやすいです。

リスニングはディクテーションが素晴らしいです。

ディクテーションがやりやすいようにに誘導されています。

ディクテーションは自分でやろうとしても上手くできないし、やる気もでません。

またスマホのアプリからも対応しているのがいいですね。

無料で7日間お試しできるので、是非どうぞ。「 まずは、TOEIC®L&R TESTコース」を7日間お試し!!

 

実際に使ってみた感想はこちらの記事に書きました。

 

 

あと、専属のコーチを付けられるTOEIC® L&R TEST対策コース パーソナルコーチプランもあります。

チャットと音声通話でコーチからアドバンスが貰えるプランです。

短期集中でTOEICの点数をあげるプランです。

 

こんな方にオススメです。

  • 自分ではTOEICの勉強のやる気が起きない人
  • 元々英語が苦手な人
  • 編入試験まで時間が無くてすぐに点数上げる必要がある人

 

こちらも無料で7日間お試しできます。(無料期間中もコーチとチャット・通話可能)

絶対買うべき参考書

公式問題集

公式の問題集が手元にないと、TOEICの勉強が始まらないと言っても過言ではありません。

この三冊は必ずやりましょう。

ただ購入するのは1冊ずつで、結構です。

1冊を極めたら次の問題集を購入しましょう。

 

公式問題集はETSが作った質の高い問題集です。

本番と同じ形式の問題がそのまま収録されています。

大学入試で言えば赤本に近いです。

また、公式問題集はリスニングのナレーターも本番と同じです。

特にリスニングは何度も繰り返し聞き、耳に焼き付けましょう。

 

金のフレーズ

これは単語帳ですね。

TOEICの単語帳は分厚いものが多いですが、

金フレはコンパクトなので非常に勉強しやすいです。

 

ここに書いている単語は本当によく出題されています。

特に大学入試に出題されないが、TOEICに頻出の単語が載っています。

brochure(パンフレット)、balance(残高)とか大学入試では出題されませんが、

TOEICでは頻出です。

 

また紙の書籍を買えば電子書籍もダウンロードできます。

隙間時間にこの本で単語を暗記しましょう。