実家の年収1000万以上で親と仲悪いと奨学金借りれなくて詰む

奨学金

大学進学したいのに、実家が金持ちで親が理解をしてくれなくて、お金を出してくれない家庭程たちの悪い話はありません。

 

日本学生支援機構の年収制限

平成30年度以降入学者の場合です。

国立大学

年収1000万超えると1種は借りれません。

2種でもちょっと厳しいです。

人数 自宅/外 1種 2種 1種2種併用
2人 自宅 712万円 1,039万円 712万円
自宅外 779万円 1,086万円 779万円
3人 自宅 603万円 1,012万円 603万円
自宅外 670万円 1,059万円 670万円
4人 自宅 680万円 1,096万円 680万円
自宅外 747万円 1,143万円 747万円
5人 自宅 898万円 1,314万円 898万円
自宅外 992万円 1,408万円 992万円

 

私立大学

私立大学だと多少制限が緩くなりますが、厳しいです。

人数 自宅/外 1種 2種 1種2種併用
2人 自宅 783万円 1,090万円 783万円
自宅外 830万円 1,137万円 830万円
3人 自宅 676万円 1,063万円 676万円
自宅外 743万円 1,110万円 743万円
4人 自宅 753万円 1,147万円 753万円
自宅外 808万円 1,194万円 808万円
5人 自宅 1,000万円 1,416万円 1,000万円
自宅外 1,094万円 1,510万円 1,094万円

 

まとめ

実家がお金持ちだと学費を親が出すのは当たり前です。

だけどどうしても、親が大学進学に理解を示さない場合や、凄く険悪な中でお金を出してくれない場合はあります。

実際に親が金持ちで支援・奨学金なしで大学進学し、アルバイトしまくって、単位取れなくて退学になった方をみたことがあります。

どうしても父親が頑固な場合などありますし、どうしようもないです。

 

関連記事

奨学金の「繰上返済」を絶対におすすめしない理由
日本支援機構の奨学金の繰上返済をしないほうがメリットが大きいと考えています。 理由について解説します。 奨学金の繰り上げ返済とは? 日本学生支援機構の奨学金の繰り上げ返済の仕組みは、あくまでも返済の期間が短くなるだけです。...
奨学金の「機関保証」をぶった斬ってみた
今回は日本支援機構の奨学金の「機関保証」について解説します。 中学生や高校生または保護者、大学生、奨学金の返済を始めている社会人全ての人に読んで頂きたいです。 機関保証とは? 奨学金を借りるのに返さない人がいるので、連帯保...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました