国立大学職員の難易度・試験内容・仕事内容・年収 激務?

公務員

今日は国立大学法人についてご紹介します。

 

仕事内容は?

恐らくここに来る人は大学生なので大体わかっているでしょう。

ただし、学生課や教務課など学生と関わることが仕事内容ではありません。

その他には以下のものが挙げられます。

  • 予算を管理する財務関係の業務
  • 学術研究の振興助成に関する業務
  • 海外との学術交流
  • 企画・人事
  • 病院事務(医学部のある大学)
  • 図書
  • 技術系

詳しくは公式のホームページをご覧ください。

関東甲信越地区国立大学法人

仕事内容の紹介 | 関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験

九州地区 国立大学法人

九州地区国立大学法人等職員採用試験事務室

近畿地区国立大学法人

京都大学

まあ、どこも似たようなこと書いています。

ちなみに、国立大学法人は国立高専や放送大学も含みます。

 

年収は?

  • 30歳360万
  • 35歳410万
  • 40歳480万
  • 50歳550万

 

多くの人は課長・部長になれません。

課長・部長になる人も文部科学省から下りてくる人が多いです。

ただし、希望があれば文部省には行きやすいようです。

文部省は超激務なため誰も行きたがりません。

昇給が低いので、他の公務員より低いと言われています。

こちらのサイトでは国立大学職員の給与の現実が語られています。

1.国立大学事務職員の最低限の昇給パターン - 国立大学職員日記
メインコンテンツ

 

試験内容

公務員試験の教養試験のみです。

技術職も教養試験のみです。40問全問必答です。

 

ただし、京大のように独自採用している大学もあります。

ちなみに、公立大学は独自採用です。

公立大学の職員は例えば市立大学であれば、市役所の職員が配属されることもあります。

 

教養試験のみなので、他の公務員試験と併願で受ける方がかなりいます。

民間との併願で受ける方も多いです。

 

過去問は基本公開されていませんが、こちらの本で一部公開されています。

 

難易度

試験の難易度は非常に簡単です。

ただし、ボーダーが30点前後と非常に高いです

また、筆記に通っても面接の倍率が非常に高いです。

 

激務?

これは部署によるとしか言いようがありません。

基本楽だと思っていいです。ただし、入試・卒業・入学シーズンは結構忙しいようです。

 

ただ激務な部署に就いても2・3年に一度異動があります。これは市役所でも同じです。

 

また、みなさん嫌がるのが病院事務ですね。

医学部附属の大学であれば配属される可能性があります。

残業や休日出勤が多く激務なので嫌がります。さらに、宿直が週に何回かあります。

 

その他公務員情報や公務員試験の勉強方法についてはこちらのページをご覧ください。

公務員
公務員の職業の種類公務員の職業に関する記事です。どれが読みごたえのある内容となっています。〇と〇どっち?公務員の比較記事です。勉...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました