大学英語クラス分けテスト 真面目にやった方がいい??

大学生活

今回は大学英語クラス分けテストについてです。

大学入学して一発目のイベントですね。

まあ、結論から言いますと、真面目にやるメリットほぼないです

 

大学英語クラス分けテストとは?

語学の実力は個人によって異なるので、クラスに分かれます。

そこで個人の実力を計る為にクラス分けテストがあるのです。

大体時期は入学式前後です。

多くの大学では、TOEICでクラス分けを行っています。

中にはTOEFLやセンター試験の英語の点数や独自の英語の試験を行う大学もあります。

 

ぶっちゃけ真面目にやる意味がほとんどない

レベルの高いクラスでも低いクラスでも同じ単位です。

「レベルの高いクラスだから単位を倍にします」とかありません。

まあ当然レベルの低いクラスの方が単位取りやすいです。

 

レベルの低いクラスだから就活不利になるとかもありません。

返ってレベルの高いクラスの方が求められるものは大きくなります。

必然的にレベルの高いクラスは単位が取りにくくなります。

 

なので、クラス分けテストを適当にやった方が得です。

 

ぶっちゃけ英語の授業は出席さえすれば単位取れる

ぶっちゃけて言いますが、高校の英語の授業の方がレベル高いです。

第二外国語はまだしも英語の授業で鬼な話はあまり聞いたことはありません

たまにうざい先生がいるとかは聞いたことありますが…

ですが、基本的には講義さえ出席して、適当に課題やれば単位取れます。

 

とにかく出席は絶対です。

 

真面目にやるメリット

高いレベルの講義と同じクラスになった真面目な人と仲良くなれるメリットがあります。

まあ普通手を抜く試験なのに真面目に試験を受けた人達なので良い人達でしょう。

そんな人たちと仲良くなっていると他の講義でも助けて貰えるかもしれません。

 

あとはたまに大学によって留学の補助はレベルの高いクラスのみ、みたいなことがあります。

その辺の制度については個人で調べましょう。

 

まとめ

なぜ、大学はつまんない英語の授業を必修にするのでしょう?

理由は簡単です。

文科省が英語の授業を必修にしろって言うからです。

大学もいやいや感あります。

 

いっそうのこと、大学クラス分けテストでめっちゃ高い点数取ったら、
語学の授業取らなくても単位くれたらいいんですけどね。

 

ちなみに、もっとおもんない授業である第二外国語の選び方についてはこちらの記事で解説しました。

第二外国語は結局どれが楽なのか? 選び方と各語学の特徴
大学に入ると必修で第二外国語の授業を履修しなければいけません。同じ大学内でも語学によってかなり差があります。「適当に履修したら自分に合わなかった。」「ちゃんと情報収集するべきだった。」っていう話は毎年恒例です。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました