自称進学校のよくある異様な特徴 例や定義は?

中学生向け

偏差値60以下の普通科は自称進学校です。

大学進学の実績はFランばかりで、就職もできないので人生詰みます。

では、自称進学校のあるあるをご紹介します。

 

実績もないのに国公立志向

なぜか早慶よりも地方国公立を推してきます。

国公立を目指すので理系ならば国語や社会、文系ならば理科や数学を勉強させられます。

やたら無駄な勉強をさせだがるのが自称進学校の特徴です。

私大を目指そうとすると自称進学校ではかなり居心地が悪いです。

そもそも教師のほとんどが地方国公立大の教育学部や理学部や文学部ばっかりなので、私大をやたらばかにします。

 

大して教師は教えるのが上手いわけではないので、多くの自称進学校の生徒は苦しめられます。

実際蓋を開けたら国公立大の合格者はほとんどAO入試とかざらです。

定期テストは授業プリントからほとんど出るので無駄に評定は取りやすいので、AOは有利です。

もちろん指定校推薦で合格なんて進路実績には書いていないので、中学生には見分けることができません。

一般で受けた人はよっぽど突き抜けて頭が良い人以外は爆死します。

 

実績もないのに文部両道を推してくる

進学実績もスポーツの成績も大したことないのに、文部両道を推してきます。

部活を最後までやり遂げると受験に打ち勝つ力が付くとかいう謎の精神論を押しつけてきます。

せめてスポーツで突き抜けたらAO入試で有利ですが…

 

夏休みの課題がバカみたいに多い

自称進学校では学校の配布物だけで本気で合格できると思っているので、バカみたいに課題を出してきます。

しかも配布している課題は市販のものよりもやりくいし、やる気が出ません。

あと夏休みが補習でつぶれるのもあるあるです。

普通にスタディサプリでも見た方がわかりやすくて効率がいいのに、補習を押しつけてきます。

教師はなぜか予備校や塾を批判してきます。

 

進研模試

本当に難易度の高い高校は進研模試をやりません。

進研模試の結果に一喜一憂するのは自称進学校のよくある特徴です。

しかも地元では優秀な高校のはずなのに、なぜか全国平均以下です。

あとはベネッセの人が講演しにくるのもあるあるです。

スタサポとかいうよくわからない模試も受けさせられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました