参考書の電子書籍が月980円で読み放題の「ポルト」が意外と使いやすかった

勉強方法

今回は月980円(税込1078円)で参考書が読み放題の「ポルト」をご紹介します。

 

ポルトとは?

勉強管理アプリのスタディプラスが運営している参考書読み放題のアプリサービスです。

 

どんな参考書が読み放題なの?

有名どころだけまとめるとこんな感じです。

  • セミナー化学・物理・生物
  • フォーカスゴールドⅠA・ⅡB・Ⅲ
  • ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
  • 速読英単語 必修編
  • 英単語ターゲット1900・1400
  • 英熟語ターゲット1000
  • 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁
  • 漢文ヤマのヤマ
  • 古文ヤマのヤマ
  • 漢文早覚え速答法
  • 山川 一問一答(世界史・現代社会・日本史・地理・政治・経済・倫理)

 

実際に使ってみて良かった所

スマホに最適化されていて使いやすかった

本をそのまま電子書籍化した感じではなかったです。

スマホに最適化されていて使い勝手よかったです。

操作性はぬるぬるで、電子書籍でありがちなページを1枚1枚めくる感じではなくて良かったです。

かなり使い勝手をこだわってサービスを提供しているのが伺えます。

 

解答付き

セミナー化学などの学校専売品の教科書傍用問題集の解答は市販では買えず、学校を通さないと買えません。

高校によってはセミナーの答えを敢えて解答を配布しません。本当に迷惑ですよね、

ですが、ポルトにはそのような問題集でもあっても解答が見れます。

 

解答をすぐ出せるのが良かった

本当はスクショで説明したいのですが、権利関係等まずいかもしれないので言葉で頑張って説明します。

問題を解いていたら、解答・解説ボタンがあって、それを押せばワンタッチで解答出せます。

いちいちページを戻ったりとか進めたりとかする必要がないのでかなり使いやすかったです。

また解答出してもすぐ問題に戻れるのもよかったです。

 

英語は音声付き

ターゲットやドラゴンイングリッシュは音声付きです。

 

スタディプラスと連携可能

学習の記録が簡単にできます。

 

実際に使ってみて悪かった所

参考書が少ない

さすがに参考書が少なすぎます。

この記事を書いている時点で、英語や現代文などの長文の参考書が1つもないのはどうかと…

 

今後増やす計画だそうです。

一応2020年夏までに、現在の約3倍となる累計100冊の参考書を提供予定だそうです。

 

クレジットカードからしか対応していない

このアプリを使う層は高校生なのでクレジットカードを持てません。

こちらで確認した所デビットカードでも使えました。

例えば、銀行のデビットカードやKyashであれば高校生でも持てるので作れます。

実際にKyashで支払い可能でした。

 

アプリから支払うと割高

WEBからだと1078円なのに、アプリからだと1380円です。

アップルの決済分の手数料が課されている形になります。

必ずWEBから申し込みましょう。

【公式】ポルト 参考書読み放題サービス【14日間無料体験のお申し込みはこちら】
いつもの参考書をポケットに。「参考書読み放題アプリのポルト」は、受験生に人気の参考書をスマホでも読める電子参考書サービスです。

 

今は他のサービスの方がおすすめ

使い勝手は良かったですが、さすがにラインナップが悪すぎます。

単語系はアプリがある

ターゲットやキクタンなどは専用のアプリがあるので、そっちを使えばいいでしょう。

 

kindle unlimited(参考書読み放題)

Amazonでは月980円のkindle unlimitedという電子書籍読み放題のサービスがあります。

対象の書籍が読み放題になります。はっきり言って、コスパ最強です。

 

税込で980円なので、税抜のポルトよりも消費税分安いです。

 

雑誌が多いですが、読み放題の書籍に参考書も増えています。

初回30日無料なので試してみるといいでしょう。

 

関連記事

参考書は電子書籍で勉強するべきではない理由
最近はKindleなど電子書籍で参考書が充実しています。 ただ参考書については電子書籍で勉強するべきではないと考えています。 メリットは軽いことしかない 電子書籍の最大のメリットは軽いことです。 持ち歩くこと...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました