大学院で理転って可能なの? 現実的に検証してみた

大学生活

今日は大学院での理転についてお話します。

結論から申し上げると可能です。ただいろいろ制約等あります。

 

2021年7月8日追記:
2017年に記事を書いてからほとんど更新していませんでした。

今では理転についての情報が増えたので改めて更新しました。

 

基本的に院は他大学の人を受け入れない

実はほとんどの学生は自大学の院に進学します。

入学前は他大学に進学する気でも、なんだかんだ自大学の院に進学するケースが多いです。

他大学からの進学が多い大学は旧帝以上です。

特に東大院は他大学からの進学が多いですね。

 

研究室訪問

理系の院では試験の前に研究室訪問をしなければなりません。

文系であれば研究室訪問したらその時点で「無理」だと弾かれることが結構あります。

 

就職

文系では営業職や販売職または事務職にしか就けません。

理系の院に進学すると学部が文系でも研究職に就けます

 

進学後の生活

今まで文系でやってきた人はかなりきついようです。

実験のやり方とかレポートの書き方全くわからないですしね。

 

事例は?

事ネットで見つけた役立つ事例を載せます。

東大院

こちらの方は最初は理Ⅱ目指して仮面浪人していました。

途中から院試に切り替えて東大院に合格したようです。

文系からの東大理系再受験 
Lutetiaさんのブログです。最近の記事は「東大合格」です。

 

ただ当たり前ですが、東大院は東大はもちろん地方国立や旧帝や早慶の理系の人たちも狙ってくるので非常に難易度が高いですよ。

ある意味本当に試験はガチなので東大学部の人が普通に落ちることもあるようです。

 

経済→東工大情報工学系

利用した参考書についてよく書かれています。

 

JAIST

北陸先端科学技術大学院大学です。大学院だけの大学です。

学部がない大学院だけの大学は比較的、理転に寛容的なようです。

 

石川県の田舎にあります。

 

 

こちらは実際に文系学部・社会人の方でJAISTを卒業された方です。

情報がかなり古いですが、学校生活や講義、レポートまで詳しく書かれています。

Study

 

研究設備もかなり整っています。

就職もかなりいいです。

就職についてはこちらをご覧ください。

修了生の進路状況
JAISTの「就職・キャリア」ページです。大学院生のための就活支援やイベント情報、修了生の進路状況のほか、留学生や企業の方に向けた情報もご覧いただけます。

 

NAIST

奈良先端科学技術大学院大学です。

こちらも関関同立の文系から合格した方がいらっしゃいます

ちょっと情報が古いですが、勉強方法まで丁寧に公開されています。

『文系の為のNAIST攻略法 凡人編』
NAIST の入試、特に数学、について悩んでいる人が多いので、NAIST一数学出来ないポを自負する俺が勉強法を書いてみる。ちなみにKKDR の文系学部から奇跡…

 

山中竹春(横浜市立大学医学部教授)

意外と院で理転の研究者もいる事例です。

早稲田大学政治経済学部→早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻

https://ja.wikipedia.org/wiki/山中竹春

 

世古一穂(元金沢大学教授)

神戸大学文学部哲学科→大阪大学 大学院工学研究科 応用物理学コース

https://ja.wikipedia.org/wiki/世古一穂

 

経済から機械系へ院進

ほとんど見かけるのは情報系の理転ですが、機械系の理転はかなり珍しいのでご紹介します。

 

その他

こちらのアメブロでは以下のことが書かれていて非常に読み応えがあります。

  • 理転しようと思ったきっかけ
  • 研究室訪問についてめっちゃリアルに描かれている
  • 勉強した参考書
  • 院生活
  • 就活
Open cl

 

 

まとめ

以上のように院で理転は可能です。

もし、理転のブログなどやっている方で掲載して欲しい方いらっしゃたら、載せます。

お問い合わせホームから連絡ください。

 

でも出来れば3年次編入で理転をオススメします。(意外と留年しないケースも多いです)

やはり院の2年間は短いです。できるだけ長く研究はしたいですからね。

編入についてはこちらの記事をご覧ください。

編入のメリットとデメリット 3年次編入合格の戦略とは??

 

 

また院においては情報が少ないので情報収集を効率的に行わなければなりません。

大学入試と違い院入試は情報が少ないです。

「リクルート」社会人・学生のための大学・大学院がオススメです。

こちらでは資料請求ができます。

数少ない大学院の資料請求できるサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました