大学在学中に高卒公務員の内定取って、大学中退するという選択肢

こんにちは。

今日は在学中に高卒公務員になって大学中退するという選択肢を紹介します。

 

 


地方公務員の場合

 

地方初級試験を受験します。

試験は高卒レベルに合わせてあるので、簡単です。

当然面接もあります。

ただ試験内容は自治体によって違います。

 

 

 

 

国家公務員の場合

 

1次試験

  • 教養試験
  • 適性試験
  • 作文

※作文は小論文じゃないので高度なことを聞いてきません。

 

 

2次試験

  • 個別面接
  • 性格検査

 

さらに、2次試験合格したら官公庁訪問もあります。

 

試験は高卒レベルに合わせてあるので、簡単です。

 

 

 

 

 

面接で聞かれること

 

当然面接では根掘り葉掘り聞かれます。

もちろん今後のことについて以下のことは聞かれます

  • なんで大卒まで待たないのか?
  • なぜ大学に行ったのか?
  • 内定後中退するのか?

 

 

 

年齢制限

 

大体、現役で大学入学すれば、受験資格があるのは2回生までです。

大体高校卒業して3年経つと受験資格がなくなります。

 

 

メリット

 

  • 学費を払わなくてよくなる
  • 就職難の時代に確実に就職できる
  • 大卒で民間に就職するよりも待遇がいい(レベルの低い大学の場合)
  • 大卒の公務員と比べて競争率も難易度も低い

 

 

デメリット

 

  • 入学金が無駄になる
  • キャンパスライフ(青春)を楽しめない
  • 高卒なので給料が安い
  • 転職したくなったら、高卒枠で転職しなければならない

 

ただし、働きながら大学に行くこともできます

昼間は無理ですが、夜間や通信ならば働きながら卒業できます。

夜間がある学校ならば、内定後に夜間に転部するのもありでしょう。

 

 

まとめ

 

大学受験失敗して、仮面浪人する人がいますが、

本当に将来のことを考えたらこちらの方がいいかもしれませんね。

 

まあ、高校卒業後に大学行かなくて公務員専門学校に進学したのでも

いいような気がしますが…

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ