アガルートの土地家屋調査士の評判や口コミは?

土地家屋調査士

今回はアガルートの土地家屋調査士講座についてです。

料金は安くてコスパは良いけど、安いなりにコストカットされている点があるかなあって印象です。

しっかりデメリットについて書いてあるサイトが少なったので、当サイトではしっかり説明することにしました。

 

また、当サイトでは土地家屋調査士の通信講座について徹底的に比較しています。

【2021年比較】土地家屋調査士 通信講座ランキング~独学は無理?~

 

土地家屋調査士の試験について

わからない人の為に0から解説します。

知っている方は読み飛ばしてください。

受験資格

受験資格はありません。

 

合格率

合格率は8~9%で安定しています。

難易度は社労士や中小企業診断士とほぼ同じくらいか難しいくらいです。

 

試験内容

筆記試験(例年10月中旬)

午前

後で詳しく解説しますが、午前に関しては難易度が低い測量士補に合格すれば、免除されるので受験者は少ないです。

 

午後

計算や作図の問題が出題されて難易度が高い

[択一]不動産登記法・民法他から20問
[書式]土地・建物から各1問

 

口述試験(翌年1月中旬)

15分程度ですが、ほぼ100%合格します。

 

まずは測量士補(例年5月中旬)に合格すべし

測量士補合格で土地家屋調査士の午前免除

合格すれば土地家屋調査士の午前が免除になります。

東京法経学院によると合格者の99%が午前の部試験免除者のようです。

 

測量士補は難易度低い

測量士補自体は工業高校の生徒でも卒業までに合格するレベルなのでそんなに難しくないです。

工業高校の2年生でもちらほら合格者出ます。

 

測量士補は28問中18問以上正解すれば合格です。

比較的合格率が高く、20~40%台と幅があります。

しかも、工業高校2年生など大量に受けさせられた高校生が合格率を下げているので見かけほど難易度は低いです。

 

測量士補の難易度は低いので、先に測量士補に合格した方がいいです。

 

測量士補は独学で突破できる

土地家屋調査士を目指す意識の高い方であれば、測量士補は独学で突破できるはずです。

 

土地家屋調査士は市販の参考書が充実していませんが、測量士補だけなら市販の参考書があります。

測量士補だけなら自力で突破可能です。

 

通信講座では測量士補+土地家屋調査士のセットコースはありますが、土地家屋調査士の単体講座よりも5万円~7万円高いです。

5万円でも浮くと嬉しいので、測量士補だけは独学で突破することをおすすめします。

 

測量士補のおすすめの参考書

アガルートの中山講師が測量士補の参考書を出しています。

 

後は過去問集で演習しましょう。

 

 

土地家屋調査士の通信講座の選び方

質はどこも一定数以上

当サイトでは他の資格の通信講座も比較していますが、質が低い講座ははっきりと酷評しています。

土地家屋調査士の通信講座は細かい違いはありますが、どこも質は一定数以上あります。

極論ですが、合格できる人はどこを選んでも合格できるでしょう。

 

料金と合格特典(割引)で選ぶのもあり

教育訓練給付制度特典
東京法経学院 ×合格時全額返金(測量士補とのセット講座は対象外)
アガルート×合格時全額返金or3万円進呈
LEC色々割引制度あり
日建学院×

※教育訓練給付制度は社会人限定ですが、修了した際に、学費の20%が給付されます。

 

 

アガルートの土地家屋調査士のメリット

とにかく安くコスパが高いのが特徴です。

安い

初心者向けの「入門総合カリキュラム」の料金は162,800円です。

アウトレットキャンペーンやクーポンなどさらに安くなる場合あり

他社と比較するとかなり安いです。

 

合格時全額返金or3万円進呈

入門総合カリキュラムを受講して合格したら、合格時全額返金or3万円進呈から選べます。

(測量士補とセットのダブル合格カリキュラムは合格時全額返金or5万円)

 

どちらも合格体験記の提出があり、顔写真・氏名は販促物に利用されます。

 

また、合格時全額返金はインタビューを受けなければなりません。

今までは飯田橋に行かなければなりませんでしたが、こういう事情なのでリモートでも可能になりました。

ただインタビューなのでややハードル高いかなあって思います。

 

合格制度の詳細はこちら>をご覧ください。

 

アガルートの中でも人気のある講座

実は土地家屋調査士の講座はアガルートの中で人気のある講座です。

1位予備試験、2位MBAの講座に次いで3位に土地家屋調査士の講座が位置する程人気あります。

 

元LEC講師

講師の中山講師は元LECの講師なので、大手と同じクオリティの講義が受けられます。

 

通信講座に最適化された動画

アガルートは通信のみしかやっていないので、動画収録に力を入れています。

 

テキストはフルカラー

東京法経学院とLECのテキストは白黒ですが、アガルートはフルカラーです。

 

 

アガルートの土地家屋調査士のデメリット

ただ安い分、コストカットされている点があるのが気になります。

模試がない

アガルートでは模試がないので、日建学院や東京法経学院などで受ける必要があります。

 

答練が昨年の使い回し

東京法経学院は予想して新作の答練を毎年作っていますが、アガルートのカリキュラムは昨年の使い回しです。

アガルートは新作も3回作っていますが、カリキュラムの講座には含まれていません。

 

しかも答練の回数は他社と比較すると明らかに少ないです。

以下答練の回数の比較です。

東京法経学院 実践答練19回、総整理・速解答練5回新作添削あり
アガルート3回(カリキュラムの場合)昨年の使い回し添削なし
LEC答練6回添削あり

 

添削なし

アガルートは答練の講座がありますが、添削があります。

東京法経学院は添削がありますが、アガルートは添削ありません。

安い分コストカットされています。

 

定期カウンセリングはいらない

200名限定で講師と月1回30分程度カウンセリングできるオプションがあります。

定期カウンセリングを付けると約15万円も高くなるのでいりません。

たった月30分のカウンセリングの為に15万はコスパ悪すぎます。

しかも予約制なので強制力がないです。

 

複素数のテクニックは他社でもやっている

アガルートの土地家屋調査士ではやたら複素数のテクニックについてアピールされています。

ただ複素数のテクニックについては東京法経学院など他の予備校でも当然やっています。

複素数は予備校で解説するテクニックとしてはそんなに珍しくないです。

 

 

おすすめの講座

ダブル合格カリキュラム

土地家屋調査士+測量士補セットのプランです。

 

東京法経学院では、セットの場合は合格時全額返金対象外のようです。

アガルートでは、合格時全額返金or5万円進呈から選べます。

測量士補も通信講座で勉強したい方はアガルートがおすすめです。

 

入門総合カリキュラム

土地家屋調査士のみのプランです。

添削はないですが、安いのでコスパは高いです。

価格を抑えたい方におすすめ!!

 

 

他社と比較

東京法経学院

料金はアガルートよりも高いですが、1967年から長年の実績と充実した添削指導が魅力です。

アガルート同様、合格で全額返金があります。

 

東京法経学院についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

東京法経学院の土地家屋調査士の通信講座の評判や口コミは?

 

LEC

料金はアガルートや東京法経学院よりも高いですが、いりいろ割引制度を駆使すればそこまで高くありません。

インプットの講義の時間が長くわかりやすい講座が魅力となっています。

初学者向きの講座となっています。

 

LECについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

LECの土地家屋調査士の通信講座の評判や口コミは?

 

 

おすすめランキング

1位:東京法経学院

長年の実績・充実したサポート

公式サイト>

 

2位:アガルート

圧倒的なコスパ

公式サイト>

 

 

3位:LEC

初学者向けのわかりやすい講座

公式サイト>

 

関連記事

【2021年比較】土地家屋調査士 通信講座ランキング~独学は無理?~
【2021年比較】宅建 通信講座ランキング~独学は無理?~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました