スタディングの公務員講座のリアルな評価 評判や口コミは?

公務員

今回はスタディングの公務員講座について解説します。

なぜか多くのサイトで強く紹介されていますが、疑問を感じます。

無料講座が見れたので、実際に見た上での感想も述べます。

【本音比較】公務員試験 通信講座ランキング~独学は無理?~
今回は公務員の通信講座についてリアルに比較しました。他サイトとは一味違う比較になっています。また最後に独学についてのコラムも書いてあるので、最後までご覧ください。

 

スタディングの公務員講座一覧

講座数は少ないです。

地方上級・市役所 教養合格 59,800円(税抜)

こちらが一番人気の講座です。

  • 数的処理(数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈)
  • 文章理解(現代文・英文)
  • 自然科学
  • 社会科学
  • 人文科学
  • 時事対策
  • 論文対策
  • 面接対策

 

地方上級・市役所 教養/論文/面接 49,800円(税抜)

教養の暗記科目がカットされています。

  • 数的処理(数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈)
  • 文章理解(現代文・英文)
  • 論文
  • 面接

 

社会人経験者合格コース 59,800円(税抜)

  • 数的処理(数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈)、
  • 文章理解(現代文・英文)
  • 経験者論文
  • 経験者面接

 

文系のための数的処理速習コース 34,800円(税抜)

面接と論文と暗記科目の講座がカットです。

  • 数的処理(数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈)
  • 文章理解(現代文・英文)

 

論文/面接速習コース 32,800円(税抜)

  • 論文
  • 面接

 

 

スタディング公務員講座のメリット

とにかく安い

他の通信講座と比べたら破格な安さです。

他の通信講座は10万円~20万円するので破格な安さです。

 

さらに、5%オフクーポンや1万円オフクーポンなどが高頻度で出ます。

タイミングがよければかなりお安くなります。

 

ちなみに、教養だけに絞るならば東京アカデミーの教養科目実践コース:56,000円(税込)の方が安いです。
テキストのみで動画講義は付いていません。ですが、大手なので面接の情報等はめちゃくちゃ保持しています。
直接校舎に出向けば、ファイルを閲覧可能です。そして、対面式の模擬面接が一回ついて来ます。

 

アプリから動画ダウンロード

iosのみアプリから動画をダウンロードできます。

動画をダウンロードできるので、オフラインの環境でパケット通信料を気にせずに見れます。

 

 

スタディングの公務員講座をおすすめできない理由

テキストがない

全てWEB上で完結させています。

テキストはPDFをダウンロードしてスマホやタブレットで見るか、印刷するしかありません。

公務員試験は量が莫大なので、印刷を毎回するのは現実的にかなりめんどくさいです。

しかもテキストじゃないとパラパラと見れないので、復習も難しいです。

 

また大学生の方で、公務員試験受ける方は退屈な大学の授業中に内職したい方も多いでしょう。

テキストだと内職できますが、スマホだと講義中はさすがにやりにくいです。

 

教養しか対策ができない

スタディングは教養のみの講座しかありません。

教養のみしかない自治体にしか対応できません。

結論から言いますと、公務員試験において教養のみしか勉強しないのはありえないです。

 

教養のみだと、国家一般職とか、国税専門官とか、特別区とか都庁(専門記述あり)とか併願できません。

特に特別区は時期も早いですし、立地もいいですし、採用者数も多いので受けたい方は多いでしょう。

 

例えば、A日程だと横浜市ぐらいしか受けられません。

一応自治体によっては行政B方式とかで教養のみで受けられますが、求められるものは大きくなります。

 

また教養だけで受けられる自治体はB日程とかC日程であるにはありますが、倍率めちゃくちゃ高いです。

特にA日程の横浜市とか首都圏近辺の教養のみで受けることができる自治体は、元々自頭が良い東大とか早稲田の人が民間と併願で受けるので、相対的にレベルも非常に高いです。

 

あと国立大学法人も教養のみで受けることができますが、ほぼ満点近い点数を取らないと1次試験突破できません。

日程が遅いので、併願しやすいので国総組とかが受けるのでレベルがめちゃくちゃ高いです。

 

だからこそ公務員試験を志願するに当たって、教養のみに絞って専門科目を勉強しないという選択肢はないでしょう。

 

ですが、専門科目の講座が増える可能性は高いと思います。

スタディングは司法試験とか行政書士とか中小企業診断士とか公務員試験の専門科目に近い講座も開講されています。

おそらく今後専門科目の講座も開講されるでしょう。

 

論文の添削なし

エントリーシートの添削はありますが、論文の添削がありません。

公務員試験においてエントリーシートはそこまで重要なイメージはありません。(重要は重要ですが)

 

論文の講座はありますが、添削はありません。

論文って講座受けただけで上がることはないです。自分で書いて添削してもらわないと意味がないです。

 

特に教養のみの自治体だと専門科目がないので、必然的に論文のウェイトが上がります。

 

模擬面接なし

これに関しては通信講座だから仕方ないです。

 

スタディングは面接の講座はありますが、動画講義だけです。

実践的な演習はありません。

 

面接については大学で練習させて貰うか、併願で民間の面接を体験して積み重ねていくしかないでしょう。

 

講師がプレゼンテーションを読んでいるだけ

一番気になったのはこの点でした。

 

無料講座を見て思ったことです。

手を動かして板書している様子が見当たりませんでした。

テキストのPDFはとても丁寧でわかりやすかったですが、そのまま読んでいるだけな印象を受けました。

 

例えば、文章に線を引っ張ったりとか、計算をしたりとか手を動かしている様子が伺えませんでした。

 

特に数的処理では実際に手を動かして図を書いたりとか、試行錯誤して計算をすることが大切です。

数的処理が苦手な方が求めているのは、実際に手を動かしながら解いている解説でしょう。

「アニメーションを用いて図形が動く様子が見れる」のがメリットなんて書いてありますが、試験本番でアニメーションは使えないです。

試験本番は作図も自分で手を動かして書かなければなりません。

法律科目とか暗記科目ならばまだわからなくはないけど、数的処理でそれはだめだろって。

 

やたらスタディングの公務員講座を推しているサイトって、きちんと講義を見た上で比較しているのかなって…

 

わざわざ動画で解説する意味あるのかなと思いました。

問題に向き合った受験生目線の解説になっていないなあって思いました。

 

もし自分だったら動画見なくなってPDFだけで勉強するようになるかなって。

それだと参考書で独学しているのと変わらないですね。

 

関連記事

【本音比較】公務員試験 通信講座ランキング~独学は無理?~
今回は公務員の通信講座についてリアルに比較しました。他サイトとは一味違う比較になっています。また最後に独学についてのコラムも書いてあるので、最後までご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました