編入と浪人どっちがいい?

こんにちは。

今回は大学進学して編入か浪人か迷っている方への為の記事です。

基本的には一般受験のほうがいい

ぶっちゃけて言いますが、編入で入学しても学歴は手に入るだけです。

単純に考えて2年しか憧れのキャンパスに通えるのは2年だけです。

実際入学したら割とすぐに就活が始まります。

キャンパスライフを楽しむという意味では浪人してでも一般受験の方がいいです。

 

1浪はしてみるのあり

1浪で一気に学力伸びて合格することはよくあります。

ただ2浪目以降正直コスパ悪いのでオススメはできないです。

ただし合格最低点までもう少しだと2浪してみるのもありです。

また3浪以降は就活が厳しくなるので絶対編入の方がいいです。

 

仮面浪人は?

1回生の時は仮面浪人して落ちたら、2回生から編入を目指すという形ですね。

ぶっちゃけて言いますが、この形態で合格した方あまり見たことないです。

単純に準備期間が短いので厳しいです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

短大・専門学校からの編入も

短大から編入も可能です。

上智短大など内部の推薦枠がある短大もあります。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

 

また公立短大から編入をされている方も結構います。

こちらの記事では特に編入の実績の高い公立短大をご紹介しています。

 

また編入に強い専門学校もあります。

こちらの福岡の専門学校は実績高いです。

京都大学等編入の実績あります。

https://www.fcb.ac.jp/course/transfer/

 

編入を目指すならまずはTOEIC

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因です。

何回でもTOEICの受験ができるので後回しにしがちです。

気がついたら受験が終わっていて、就活が始まっています。

TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべしです。

 

ちなみに、ECC編入学院の場合はTOEIC高得点を取れば特待生制度があります。

〈文系限定〉 特待生資格S/TOEIC(R) リーディング410点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より50%OFF

〈文・理・院〉 特待生資格A/TOEIC(R) リーディング380点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より30%OFF

TOEICで高得点を取ると予備校費用も安く付きます。

 

合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いです。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできます。

 

こんなにTOEIC大事なのに編入予備校はあまりTOEICに力を入れていません。

 

そこで、オススメがこちらです。

スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』です。

スタディサプリENGLISH

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれます。

毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られます。

3か月または6ヶ月短期集中で結果を残します。

250点アップじめ、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

 

またチャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能です。

日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

↓公式サイトはこちら↓

>>パーソナルコーチプランの公式サイトはこちら

 

またこちらの記事でもパーソナルコーチプランの詳細や料金や実績をまとめました。

関連記事