多浪の原因は100%親が悪い

今回は多浪についてお話します。

ここで言う多浪は3浪以上のことを言います。

普通は親が認めない

まともな家の親だったら、

「2浪でどこでもいいから進学か就職しろ」

と圧力掛けてきます。

適当なFランを勝手にセンター利用で出願したりします。

 

まず、3浪以上の子供を持つことは世間的によくないです。

近所の人や親戚に裏でぐちぐち言われるのは目に見えます。

 

まあ、はっきりと言って親が甘やかしているだけです

普通の親であれば無理矢理、Fランでも専門学校でも進学させます

だって今の時代きちんと滑り止めを出せば全落ちはありえませんから。

 

3浪で合格してもメリット少ない

まず、就職は新卒扱いじゃなくなります

エントリーシート自体ほとんど通らないと考えてOKです。

 

あとは、大学生活自体楽しめないかもしれません

周りの同級生は3つ下ですよ。3つ下だとかなり幼く見えます。

3つも下の人と仲良くなれますか?という話です。

ただこれは人にもよるかもしれません。

 

じゃあ医学部志望は?

「医学部ならば何浪しても就職関係ないよーん」って方もいるでしょう。

しかし、来年合格できる保証は全くありません

むしろ多浪の合格率はめちゃくちゃ低いです。

どの大学の医学部でも多浪はほんの数%しかいません。

ほとんどが現役か1浪です。

 

2浪で止めないとお子さんがニートになる可能性が高いです。

 

まあ、一般的には私立の医学部は国立よりかなり受かりやすいですが、学費ばか高いです。

私大医学部の学費は出せるのは一部の超お金持ちだけなので、そこは責めないでください。

まとめ

2浪までしたら3回受験しています。

大事なのは、「3回受けてだめだったらもうだめだろう」と諦めさせることが大事なのです。

 

2浪でもまだ20歳でこれから先は長いです。

甘やかして3浪させるのではなく、これからの道を一緒に考えることが大切でしょう。

関連記事