編入試験「生物」のオススメ参考書・勉強方法

こんにちは。

今日は編入試験の生物の勉強方法についてご紹介します。

編入試験の生物の特徴

基本的に大学受験と範囲が変わらない

過去問を見てください。高校の時の知識で大方解けるはずです。

まずは、大学受験レベルを固めましょう。

大学範囲が一部出る

大学の範囲も出ます。

大学範囲に関しては基本的に軽く勉強すれば十分です。

過去問が最重要

大学によって出題の傾向が違います。

過去問をできるだけ手に入れて、傾向を分析しましょう。

編入予備校に入れば、過去問が手に入ります

予備校についてはこちらをご覧ください。

 

出来るだけTOEICで点数を稼ぐ

ぶっちゃけ理科や数学は多くの受験生は得意なので差が付きません。

理系編入では多くの大学はTOEICです。

TOEICでできるだけ高い点数を取っておきましょう。

しかも理系編入では高専生が多く、高専生は英語が苦手です。

英語で良い点数を取ったら差を広げることができます。

TOEICは短期集中で

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因です。

何回でもTOEICの受験ができるので後回しにしがちです。

気がついたら受験が終わっていて、就活が始まっています。

TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべしです。

 

ちなみに、ECC編入学院の場合はTOEIC高得点を取れば特待生制度があります。

〈文系限定〉 特待生資格S/TOEIC(R) リーディング410点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より50%OFF

〈文・理・院〉 特待生資格A/TOEIC(R) リーディング380点以上 : 特待対象講座(通常受講料)より30%OFF

 

合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いです。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできます。

 

こんなにTOEIC大事なのに編入予備校はあまりTOEICに力を入れていません。

 

そこで、オススメがこちらです。

スタディサプリENGLISH 『TOEIC パーソナルコーチプラン』です。

スタディサプリENGLISH

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作ってくれます。

毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られます。

3か月または6ヶ月短期集中で結果を残します。

250点アップじめ、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

 

またチャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能です。

日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

↓公式サイトはこちら↓

>>パーソナルコーチプランの公式サイトはこちら

 

またこちらの記事でもパーソナルコーチプランの詳細や料金や実績をまとめました。

 

今だけのキャンペーン実施中

1万円オフ&1万円キャッシュバック!

※先着5,000名様限定!4/24(水)P.M. 04:59まで

今だけのキャンペーンなのでお申し込みはお急ぎに!!!

編入試験の生物にオススメな参考書

生物合格77講

よくまとまっています。

結構分厚いですが、しっかり読んで理解しましょう。

図表も丁寧に書かれています。

ただ誤植が多いので、買ったらこちらを見て訂正しましょう。

http://www.toshin.com/books/archives/2017/03/20170328.html

 

ただ情報量が多すぎて、

初学者や生物があまり得意ではない人には厳しいかもしれません。

 

スタディサプリ

初学者や生物があまり得意ではない人【スタディサプリ】

動画講義で理解しましょう。

【スタディサプリ】は授業が見放題で

なんと980円(税抜)です。

スタディサプリについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

生物は暗記だから動画講義はいらないと思われがちです。

しかし、生物は暗記というより理解です

例えば、目の作りでは目の部分についてゴリゴリに暗記しても点数は取れます。

ただゴリゴリに暗記するのは結構しんどいですし、すぐ忘れます。

動画講義だと、なぜそうなのか?という部分に触れているので、

理解するだけで、頭に残りやすくなります。

動画講義を見ることによって、生物を力技で暗記する必要はなくなります。

 

呼吸についてわかりやすく解説されています。

これなら頭に残ります。

 

お申し込みはこちらから【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

理系標準問題集

演習の問題集です。

量も多すぎることもなくちょうどいいです。

解説も詳しくてGOODです。

ただ、大学受験でセミナーを使った人はセミナーで十分です。

(寧ろセミナーの方がいいです)

大森徹の生物 記述・論述問題の解法

過去問見て、論述問題があって対策が必要だと思ったらこれをやりましょう。

 

Essential細胞生物学

大学範囲はこれで読み流す程度で十分です。

過去問みながら、出題された分野を辞書変わりにつかいましょう。

大学1・2年生のためのすぐわかる演習生物

作者は編入予備校の講師のようです。余裕があれば取り組みましょう。

 

参考にこちらの記事もどうぞ。

新品の「参考書」を少しでもお得に買う方法

関連記事

化学の勉強方法はこちらの記事をご覧ください。

 

また、農学部の編入についての情報はこちらの記事をご覧ください。