宇宙工学が学べる大学は? 九州大学のコース分けに注意!

こんにちは。

今回はさらに大きな枠であるコースの進振りへの話題となります。

東大や北大など進振りがある大学はかなりあります。

今回はかなりマニアックな話題にですが、宇宙工学系の進振りの話題です。

 

見出しの大学名をクリックしたら各大学の詳細がご覧になれます

入試科目の詳細や配点はリンク先をご覧ください。

九州大学機械航空工学科

 

九州大学機械航空工学科では、2年生の前期から2つのコースに分かれます。

2年生の前期から機械工学コース航空宇宙工学コースに分かれて教育を受けます。

この学科に入った人の半分は航空宇宙工学コースを希望します。

航空宇宙工学コースのは枠が少ないため毎年取り合いになります。

 

しかし、この航空宇宙工学コースへの進振りはほぼ入試の成績で決まります。

配点は非公開ですが、入った人の話を聞く限りは入試の成績の配点がかなり大きいようです。

 

つまりギリギリで合格した人は航空宇宙工学コース配属されるのはほぼ不可能なのです

 

これを入学後に知る生徒が多いので入学後に後悔する学生が後を立ちません。

 

東京大学

 

ご存じ日本のトップの東大です。東大も皆さんご存じの通り進振りがあります。

航空宇宙工学への進振りは非常に難易度が高いです。

 

東大の中でも航空宇宙工学は人気の学科なのです。

もちろん入学後の成績の方が配点は大きいですが、進振りでは理Ⅰよりも理Ⅱの方が有利です。

入学後も努力次第で可能ですが、理Ⅰから進振りで航空宇宙工学行くのが結構大変なようです。⇒願書やパンフレットはこちらから

 

京都大学

 

京都大学工学部物理工学科です。こちらは宇宙基礎コースとなります。

宇宙基礎コースへは20名しか入れません。

京大は他の大学に比べてあまり宇宙工学にあまり強くないようです。

地球工学科は宇宙工学と関係ないのでご注意を!!!

進振りは入学後の成績で決まるようです。⇒願書やパンフレットはこちらから

 

名古屋大学

 

名古屋大学工学部機械・航空宇宙工学科です。

こちらは2年次に進振りがあります。航空宇宙工学コースに行けるのは全体の3割程度のようです。

こちらは入学後の成績で決まるようです。⇒願書やパンフレットはこちらから

 

東京工業大学

 

以前は4類から機械宇宙学科に行けましたが今はありません。

 

首都大学東京

 

システム学部航空宇宙システム工学科です。

これは入試のときにシステム学部航空宇宙システム工学科を受ければ必ず宇宙工学を学べます。⇒願書やパンフレットはこちらから

 

大阪府立大学

 

中期の工学部機械系学類です。

2年次から別れる航空宇宙工学課程に入れば学べます。

比較的航空宇宙工学課程には入りやすいようです。

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

早稲田大学

 

基幹理工学部です。学系Ⅱで入学し、2年次の進振りで機械科学・航空学科に入れば学べます。

95%以上が第1または第2希望の学科に進級できるそうです。⇒願書やパンフレットはこちらから

 

その他の大学

以上宇宙工学に強い大学を挙げました。他の大学でも宇宙工学を学べます。

詳しくはwikiをご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E7%A7%91

宇宙工学の就職は?

ほとんどの学生は院に進み学んだことを生かせる職業に就職しているようです。

また独立行政法人宇宙航空研究開発機構 JAXAへの就職はほぼ東大の方が占めるようです。

JAXAへの就職は独立行政法人の中では最高峰の難易度となっております。

他の大学の航空学科から東大の航空宇宙工学専攻に大学院で入るという選択肢もあります。

 

まとめ

入学後に後悔しないようにしっかり調べることが大切です。

もし間違っていることがあってもご了承ください。

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

大学受験