新卒ちょうど1年で退職してもいい3つの理由

第二新卒就活

どんなブラック企業であっても、よく新卒は3年以内で辞めたらよくないという話があります。

実際はそうではありません。

ですが、実際今の職場に耐えきれずに、新卒1年未満で退職する方は一定数います。

ですが、1年は今の会社にいた方がいいです。

その理由について解説します。

 

1年で大体会社の空気がわかる

1年もいれば、大体会社の空気はわかります。

上司や取引先の関係、残業の量だと大体把握できます。

「あれ?これブラックかな」と思ったら、退職する準備を始めるべきです。

 

ブラック企業に1年以上いたら洗脳されるだけ

残業が月100時間以上などブラック企業にいる方は、正直今いるところがブラック企業だとすら気づいていません。

例え実家暮らしだとしても、親はジェネレーションギャップあるので気づいてくれません。

ずっといたら、残業100時間が常識だと思ってしまうのです。

パワハラにも慣れてしまい、上司に何も意見言えないことが当然だと思ってしまいます。

だから、間違えてブラック企業に入ってしまったならば、まだ新卒で頭が柔らかい新卒1年目に退職すべきなのです。

退職しなければ、どんどん沼にはまっていきます。

 

1年以上続けていれば、失業手当が貰える

1年間雇用保険に加入していたら、自己都合の退職でも失業保険貰えます。

大体残業代も合わせて6~8割程度の額が支給されます。

1年で退職だと90日支給されます。

ですが、自己都合退職の場合は3か月後からの支給になります。

 

また、職業訓練も無料で受けられます。

数か月のコースもありますし、長いと2年とかのコースもあります。

しかも職業訓練完了まで失業保険は給付されるので、給付を延長させることも可能です。

職業訓練は看護とかもありますし、中にはパソコン関係や溶接などもあります。

これは訓練校によって差はあります。

 

やりたいことを探しながら、給付される制度なので、是非利用しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました