「大阪大学外国語学部」ってどんなことが学べるの? 受験科目や偏差値や就職は?

こんにちは。

今日は大阪大学外国語について紹介します。

 

元々は大阪外国語大学という別の大学でしたが、

大阪大学と合併しました。

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報

 


専攻語

 

入学試験で専攻語を選びます。

 

  • 中国語
  • 朝鮮語
  • モンゴル語
  • インドネシア語
  • フィリピン語
  • タイ語
  • ベトナム語
  • ビルマ語
  • ヒンディー語
  • ウルドゥー語
  • アラビア語
  • ペルシア語
  • トルコ語
  • スワヒリ語
  • ロシア語
  • ハンガリー語
  • デンマーク語
  • スウェーデン語
  • ドイツ語
  • 英語
  • フランス語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • 日本語

 

実にたくさんの専攻語があります。

 

 

 

 

大学生活

 

1年次のあいだは、豊中キャンパスに通学します。

2年次以降は箕面キャンパスに通学します。

2年次でキャンパスが変わります。

 

 

専攻語は明確に目標が定められています。

http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/user/kyoumu/ns/st.html

 

 

言語の授業が4年間を通して徹底的に行われます。

専攻語とは別に、研究外国語として以下の言語を学ぶことができる。

  • 広東語
  • オランダ語
  • カタルニア語
  • バスク語
  • 満州語
  • ヘブライ語
  • 西アフリカ諸語
  • バントゥ諸語

 

専攻語、研究外国語を合わせると、学べる言語は約60言語に上ります。

 

 

さらに、言語学習だけではなく、専攻語に関係する地域の研究もします。

歴史・経済・政治など、さまざまな角度から地域を研究します。

 

1・2年の時は言語学習が中心ですが、学年が上がっていくにつれて、

専攻語に関係する地域の研究の比重があがります。

 

 

もちろん、留学もできます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

留学情報

http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/international/abroad.html

 

留学体験記

http://www1.lang.osaka-u.ac.jp/abroad/

 

 

 

 

入試・偏差値

 

センター試験は5教科です。

 

二次試験は以下の通りです。

  • 国語100点
  • 外国語300点
  • 世界史or数学100点

 

外国語は以下の言語から選択です。

  • 英語(リスニングあり)
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ロシア語

 

 

配点はセンター試験:二次試験=150:500

のためかなり二次試験重視です。

特に英語はセンターと二次試験合わせると全体の65%を占めます。

 

 

偏差値は専攻語によってかなり違います。

センターのボーダーも全ての専攻語で配点が同じなのに、

73%から80%とかなり開きがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://passnavi.evidus.com/search_univ/0590/difficulty.html?department=015

 

 

 

 

就職

 

外国語学部卒業生のうち、

約70%が就職し、約30%が国内の大学院や海外の大学や大学院へ進学しています。

 

就職先は多業種にわたっています。

製造業や商社、金融業、旅行業や宿泊業、運輸業、マスコミ。

そして教員や警察官や税関や市役所などの公務員があります。

 

詳しくは大学のホームページをご覧ください。

http://www.sfs.osaka-u.ac.jp/course/fs_course.html

 

 

 

 

まとめ

 

分野に拘らず、様々な分野に就職できるという意味では、

お得かもしれません。

 

英語の配点が非常に高いので英語が得意な人にオススメです。

ただし、語学学習が嫌な人は避けた方がいいでしょう。

 

⇒願書やパンフレットはこちらから

 

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ