公務員試験「面接・小論文」のおすすめ参考書

こんにちは。

公務員試験「専門記述」のおすすめ参考書を紹介します。

 


公務員試験の面接の特徴

 

公務員試験ではグループディスカッション個別面接があります。

 

 

グループディスカッション

 

グループディスカッションでは集団で討論をします。

受験者5~10人程度で1つのグループを作り討論をし、

近くで試験官が討論の様子をチェックします。

 

近年は民間でも多いですが、公務員でも非常に多いです。

 

協調性や積極性や論理性を見ています

 

 

まあ基本的に、積極的意見をし、人の意見に賛同しておけばいいです。

鋭い意見を言うことはあまり求められていません。

 

 

個別面接

 

個別面接では面接官3人程度と受験生1人で行われます。

 

また民間では集団面接は頻繁に行われていますが、

公務員ではほとんど行われていません。

まあ筆記試験でかなりの数を絞っているので、

集団面接する必要がないのでしょう。

 

個別面接では頻出の質問は以下の通りです。

  • なぜ民間企業でなく公務員を志望したのか?
  • 自己PRをしてください
  • なぜあなたは「その自治体や省庁」を志望しているのですか?
  • 学生時代は何に取り組みましたか?
  • 上司や同僚と意見が合わなかったらどうしますか?

などあります。

 

これらの質問に対し事前に答えを考えておきましょう。

 

 

大学生であれば、大学で面接対策をしてもらうといいでしょう。

予備校に通っている人は予備校でやってもらうのもいいですね。

 

 

 

 

面接

 

自己分析

 

 

公務員試験の面接では「こういう見方をされている」

というのをわかりやすく書かれています。

やるべきことが明確にわかります。

 

ただ正直この本読むと公務員ってくそだなあって思います。

人の揚げ足を取ることと、人を見下すことしか考えてないんだなって思います。

 

 

 

 

質問対策

 

 

よく聞かれる質問と回答方法が詳しく載っています。

著者のツッコミがわかりやすく、論理的でいいですね。

ただ筆者は国総なので、国家公務員向けです。

 

 

 

 

地方公務員ではこちらがオススメです。

 

 

 

 

小論文対策

 

 

正直小論文は公務員にこだわる必要はありません。

ただこれは公務員で求められる論文について書かれています。

特に特別区、都庁を受ける人は1次に小論文があるので必ず読みましょう。

 

 

また、小論文は出そうなテーマを予想して

事前に論文をいくつか用意しておくことが大切です。

できれば、ゼミの教授や友達に添削してもらいましょう。

 

 

参考にこちらの記事もどうぞ

新品の「参考書」を少しでもお得に買う方法

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ