こんにちは。

意外とこのサイトに「国家公務員 地方公務員 どっち」

で検索してやって来ている人が多いので、

この記事を書くことにしました。

 

調べても、端的にぶっちゃけた記事がないので、この記事でぶっちゃけることにしました。

 

ただ一概にどちらがいいとは言い切れません。

人によります。

 

そこで、国家公務員と地方公務員それぞれ向いている人について分けました

 

ちなみに、公務員の種類についてはこちらをご覧ください。

公務員ってどんな種類があるの?仕事は楽なの?給料は?

 

また公務員になるかどうか、迷っている方はこちらをご覧ください。

民間と公務員どっちがいいの?MARCHから市役所は負け組???

公務員は世間で言われてるほど良くはない 公務員のデメリットとは?

国家公務員が向いている人

国を変えたい人

地方公務員の仕事は基本的に淡々としているので面白くありません。

しかし、国家公務員では国の政策に関わる仕事ができ、非常にやりがいがあります。

ただ非常に激務です。定時で帰れることは少ないです。

 

そして残業代が出ないこともあります。

民間企業だと労基法違反ですが、国家公務員には労働基準法は適用されません。

残業代は予算の範囲内でしか出ません。

ですので、凄く働いている割には薄給ということになります。

 

そして転勤が多いです。

 

だから、国家一般職や国税専門官は激務な為蹴って、

地方公務員になる方が非常に多いです。

 

国家総合職で省庁勤務してから国会議員になる方も多いですね。

また偉い方と交流を得ることができ、人脈を作ることができます。

とにかく国を変えたい人が向いています。

周りに羨望の目で見られたい人

世間一般的なイメージでは市役所や県庁勤務の地方公務員よりも、

国家公務員の方が凄いイメージがあります。

頭が良い人

当たり前ですが、頭が良くないと国家公務員にはなれません。

地方公務員は自治体にもよりますが、A日程以外は割と簡単です。

ですが、国家公務員もどの試験も非常に問題が難しいです。

 

そして、国家公務員はコネ採用などなく非常にガチな試験です。

人物重視っていう企業ほどコネで決まる? 公務員も? コネは悪? コネを作るには?

地方公務員が向いている人

楽だから公務員になりたい人

国家公務員は激務な省庁が多いです。

地方公務員は市役所のケースワーカー等を除いて割と楽です。

地方公務員の方が楽な部署が多く、定時で帰れる部署が多いです。

ただ公務員でも残業はある時はありますし、特別楽ではありません。

地元で就職したい人

地方公務員の醍醐味ですね。

住み慣れた地元で就職したいという方も多いでしょう。

実家から通える場合も多いので、生活費も浮かせるでしょう。

 

また市役所だと転勤もないので家を建てるなど、

人生の計画が立てやすいです。

(凄くごくまれに県庁や省庁に飛ばされることもありますが)

まとめ

基本的に国を変えたい人以外は国家公務員がいいでしょう。

 

「安定しているから公務員になりたい」など

明確な公務員になりたい理由がない人は地方公務員がいいでしょう。

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

公務員