国公立大学の薬学部はコスパが悪すぎる

こんにちは。

国立の薬学部についてお話します。

 

 


メリットが学費しかない

 

国立の薬学部のメリットってやっぱり学費でしょう。

私立だと初年度納入金だけで200万弱かかります。

公立で県外や市外で100万程度

国立だと80万程度です。

 

およそ2倍以上学費が安く済みます。

しかも薬学部は6年制なのでかなり差が付きます。

 

 

 

 

難易度が高すぎる

 

国公立大学の薬学部は異常に難易度が高いです。

例えば、千葉大、広島大、岡山大の薬学部に合格する学力があったら、

阪大、名大、東北大の工学部や理学部が十分狙えます。

 

 

就職先があまり良くない

 

正直薬剤師として働いたら給料はあまりよくありません。

薬剤師として働いたらFラン私立と給料変わりません。

 

薬学部を卒業したら製薬会社での内定は貰いやすいです。

しかし、それは理学部や工学部の化学系からでも狙えます。

 

前薬学部での就職が良くないから、

薬学部から医学部に仮面浪人するなんて人もいました。

 

 

 

 

まとめ

 

以上のことからよっぽど薬に特化した研究を

したい人以外はオススメしません。

旧帝の工学部や理学部を目指した方がいいでしょう。

 

ちなみに、長崎大学の後期の薬学部はセンター3科目で受験出来ますよ。

https://passnavi.evidus.com/search_univ/0870/ippan.html

 

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報

 

 

 

One Response to “国公立大学の薬学部はコスパが悪すぎる”

  1. 学歴至上主義者 より:

    難関国立大学の看護学科(旧帝大、医科歯科、千葉大、筑波大、神戸大など)って過小評価されていますよね。国立の医学部は医学部職員の高い人件費を税金でカバーできるため学費が350万円と非常に安い事、上位国立の看護学科が私立看護学科に比べて格段に難易度が高いこともあって国立大の医学科看護学科のカップルが多い。自分は男性医師と国立卒看護師女性のカップルを多数知っている。同じ国立大での医学科看護科のカップルは千葉大、筑波大、医科歯科大、名古屋大、岐阜大、三重大、富山大、京都府立医大、京大、阪大、岡山大の医学科看護科カップルを知っている。他には東大理科三と関東の難関国立看護学科、公立大医学部と阪大看護学科、自治医大医学部と某市立大看護学部というカップルも知っている。東大、京大、阪大、医科歯科、名大、千葉大、京都府立医大、大阪市大、筑波大といった上位国立医学部も国立卒の看護師と結婚しているの知っている。また旧帝大看護学科卒の人が東海大学医学部に編入した人もいる。医者って内心では旧帝大卒の女性の方が評価しているんだな。一方私立医学部は帝京東海以外の医学部は早慶理工レベルある上に学費が非常に高額で2000万円から4000万円くらいであるために、私立医大の医者が私立看護学科と看護専門学校と結婚する例は少ない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ