こんにちは。

国立の薬学部についてお話します。

メリットが学費しかない

国立の薬学部のメリットってやっぱり学費でしょう。

私立だと初年度納入金だけで200万弱かかります。

公立で県外や市外で100万程度

国立だと80万程度です。

 

およそ2倍以上学費が安く済みます。

しかも薬学部は6年制なのでかなり差が付きます。

難易度が高すぎる

国公立大学の薬学部は異常に難易度が高いです。

例えば、千葉大、広島大、岡山大の薬学部に合格する学力があったら、

阪大、名大、東北大の工学部や理学部が十分狙えます。

就職先があまり良くない

正直薬剤師として働いたら給料はあまりよくありません。

薬剤師として働いたらFラン私立と給料変わりません。

 

薬学部を卒業したら製薬会社での内定は貰いやすいです。

しかし、それは理学部や工学部の化学系からでも狙えます。

 

前薬学部での就職が良くないから、

薬学部から医学部に仮面浪人するなんて人もいました。

まとめ

以上のことからよっぽど薬に特化した研究を

したい人以外はオススメしません。

旧帝の工学部や理学部を目指した方がいいでしょう。

 

ちなみに、長崎大学の後期の薬学部はセンター3科目で受験出来ますよ。

https://passnavi.evidus.com/search_univ/0870/ippan.html

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報