こんにちは。

今日は扶養についてお話しします。

かなり噛み砕いてお話しました。

初めに

先に結論からお話します。

給与所得の場合は年間103万円

雑所得の場合は年間38万円で扶養が外れます。

 

今から

  • 給与所得
  • 雑所得
  • 扶養

について解説します。

給与所得とは

会社で働いて貰った給料です。

アルバイトやパート、派遣が給与所得です。

また複数のバイトをしている場合も合わせて103万です

2か所以上で給与をもらう場合には、確定申告をしなければなりません。

雑所得とは

雑所得については具体例を紹介します。

以下のものが雑所得に該当します。

  • アフィリエイト
  • 転売
  • FXや株
  • 印税
  • 治験の報酬

 

以下のものが雑所得扱いです

ただし転売の場合は自分の不要品を売った場合は含まれません。

 

また雑所得の場合は

所得から経費を引いて38万円超えたら扶養が外れます。

例えばアフィリエイトであれば経費として以下のものが挙げられます

  • パソコンの購入費
  • 通信費
  • 電気代
  • 家賃
  • セミナー代
  • セミナーに行くための交通費
  • 書籍代・教材代
  • サーバー代
  • その他記事を書くために使用した費用

 

ただし経費は全額落とせるとは限りません。

例えばパソコンであれば購入したパソコンが

すべてアフィリエイトをするために使ったとは限りません。

一部経費としておとせます。

 

セミナー代やサーバー代はアフィリエイトをするためだけに使った

と認められるので全額経費で落とせます。

当たり前ですが、経費として証明させるために

領収書を取って置かなければなりません。

さらに、38万円を超えた場合は確定申告をしなければなりません。

株は例外

株の場合は口座を作る時に、

一般口座特定口座かを選びます。

一般口座の場合は自分で確定申告をしなければなりません。

特定口座の場合は自動的に税金が約20%引かれます。

確定申告をする必要がありません。

また確定申告をしないのでいくら稼ごうと扶養から外れません。

 

さらに2014年から2023年までの10年間はNISAという制度により

NISA口座では120万円まで非課税です。

ただしNISAの枠は次の年に繰越しができません。

扶養外れたらどうなるの?

103万を超えると?

親の所得税の扶養から外れます。

つまり親は多く税金を支払わなければなりません。

そして扶養が外れた学生本人も所得税を支払わなければなりません。

約10万円親の税金が増えます。

さらに所得税は親の年収によって上下します。

130万を超えると?

社会保険の扶養からはずれてしまいます。

そして扶養が外れた学生本人も健康保険料を支払わなければなりません。

約194万を超えると?

年金を支払わなければなりません。

学生納付特例制度という学生の年金猶予制度が使えなくなります。