工学部VS理学部VS農学部  難易度・大学生活・就職を比較してみた

こんにちは。

今日は工学部、理学部、農学部について以下の点で視点で比較します。

 

  • 合格のしやすさ
  • 単位の取りやすさ(自由な時間が取れるか)
  • 就職の良さ

 

★5満点で採点します。

 


 

工学部

 

まずは工学部から比較します

 

合格のしやすさ

 

比較的偏差値は低めです。

 

ただし物理を使うため躊躇う方もいらっしゃる方がいるかもしれません。

理系で物理を選択しないメリットとデメリット

 

合格のしやすさを★5個満点にしました。

 

 

単位の取りやすさ

 

留年率は結構高いです。

 

3割~4割程度と結構高めです。

でもまあ真面目にやってたら留年はしません。

 

 

就職

 

就職はすごくいいです。ただ院に行くのは大前提です。

 

院に行かないと研究職は無く営業職や販売職もしくは公務員しかありません。

 

 

 

 

 

 

農学部

 

農学部の各分野についてはこちらの記事で取り上げました。

農学部ってどんな勉強をするの? 農学部の種類とは?

 

合格のしやすさ

 

工学部より難易度が高いです

また千岡金広より下や私大では数Ⅲが要りません

 

 

単位の取りやすさ

 

実験等ありますが、それほど拘束はされません。

理系の中では暇な部類です。

留年率も低めです。

 

 

就職

 

就職は工学部ほどよくありません。

 

研究職になるには工学部同様院に行くのは大前提です。

院に行かないと研究職は無く営業職や販売職もしくは公務員しかありません。

公務員の技術職や独立行政法人に就職する方も結構多いです。

 

農学部の就職についてはこちらでさらにまとめました。

農学部の就職って本当に悪いの?

 

 

 

 

 

 

あと動物系は就職がめちゃくちゃ悪いです。

動物系なら★1つですねw

 

 

 

 

 

 

理学部

 

合格のしやすさ

 

工学部以上農学部未満というところでしょう。

 

 

単位の取りやすさ

 

工学部よりは楽と言われています。

 

 

就職

 

ここは敢えて学科ごとに分けてみたいと思います

ただ実験がない数学科は楽だと言われています。

 

 

 

<数学>

 

実用的じゃないので就職悪いです

 

民間で数学の知識を生かそうとしたらコンピューター系になります。

金融に行く方も多いですね。

だけど数学教師になる逃げ道があります

 

 

 

 

<化学>

 

就職の良さは工学部と変わりません

ただし研究職になるには院に行かないと厳しいです。

 

 

 

 

<生物>

 

バイオ系はめちゃくちゃ就職悪いです

 

ただ理科の教師になる逃げ道があります

 

 

 

 

<物理>

 

努力次第ではなんとかなりますが工学部と比べたら確実に悪いです。

ただもちろん院に行かないと厳しいですよ

 

 

 

 

 

おすすめ書籍

 

 

 

 

 

 

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報

 

 

 

 

One Response to “工学部VS理学部VS農学部  難易度・大学生活・就職を比較してみた”

  1. あいうえお より:

    理学部地球科学系ないやんけ…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ