夜間(二部)の国公立大学はコスパが良い!!メリットとデメリット

こんにちは。

今日はコスパの良い夜間(2部)の国公立大学についてお話させていただきます。

夜間は文理どちらもあり教育学部もある大学もあります。

大学によっては昼間の授業も取れることが結構あるそうです。

 

早速ですが、本題に入ります。

 

 

 

 


 

夜間の大学のメリット

 

学費が安い

 

私大は当然国立の昼間と比較しても安いです。

入学金14万1000円(昼間・28万2000円)

年間授業料が26万7900円(昼間・53万5800円)

昼間はバイトができますね

 

 

受かりやすい

 

全体的に偏差値が低いです。

センターのボーダーも6割弱程度と昼間よりも受かりやすいです

 

 

就活

 

就活は昼間にあるので夜間の人はやりやすいです。

 

そして成績証明書には夜間であることは書かれません

 

人事の方も夜間だと気づかないことが結構あるようです。

ただし昼間の場合は〇〇大学(昼間)と書かれているので簡単に判別できます。

 

 

進路

 

大学によっては昼間に転部することも可能です。

さらに他大学に3年次編入することも可能です。

 

 

また卒業後に夜間の大学を卒業して大学院に進学することも可能です。

実際に大学院に進学する方がそこそこいます。

院についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

院進学について現実的に考えてみた。勉強方法や準備は???

 

 

 

 

夜間の大学のデメリット

 

受けられる学校が少ない

 

単純に受けられる学校が少ないです。

また夜間は廃止傾向です。

最近では横浜国立大学の経営学部の夜間が廃止になりました。

また社会人と編入でしか募集していない学校も多いです。

さらに後期で出せる学校はあまりありません。

 

 

交友関係

 

サークルはありますが、昼間の生徒と関われません。

ただし夜間の大学では社会人の方が結構います。

社会人の人と仲良くなれます。

 

 

時間割

 

学校によって時間割が違いますが、夜間は2限しかないので

ほぼ平日は毎日大学に行かなくてはなりません。

単位を落とすと結構大変ですね。

そのため留年率もやや高いです。

また大阪教育大学のように4年ではなく5年でカリキュラムが組まれている大学もあります。

 

 

まとめ

 

以上のことから夜間の国立大学は非常にコスパが高いです。

次回は夜間の国立大学さらに私立大学1つ1つ紹介を数回に渡って紹介します。

 

ちなみにこちらの方のブログでは夜間の大学について時々語っています。

今は募集されていませんが、横浜国立大学の夜間卒の方のようです。

http://nogunori.hatenablog.com/

 

 

夜間の大学一覧

 

夜間の大学はこちらの記事で取り合げました。

【理系】夜間(二部)の国公立大学一覧

 

【経済系】夜間(二部)の国公立大学一覧

 

【法学・人文】夜間(二部)の国公立大学一覧【英文・教育】

 

後期に出願できる夜間(二部)の国公立大学一覧

 

【国立並みの学費】コスパ最高!東京理科大学第二部【夜間】

 

 

その他受験情報についてはこちらのページをご覧ください。

受験情報

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ