【宅浪】浪人でZ会を使うのってどうなの?【仮面浪人】

こんにちは。

今日は浪人生がZ会の通信教育 を使うのはどうなのかを検討します。

正直Z会の通信教育 は現役生よりも浪人生にオススメです。

 

通信講座なので予備校に通うよりも安いです。

しかし、Z会の通信教育 を利用するに当たって、いくつかの条件があります。

Z会って何?

Z会は通信講座です。

届いたテキストの問題を自分で問題を解き、添削してもらうことによって

自分で考える力を養うことができます。

様々なコースや講座がございます。

どんな講座があるの?

本科と専科と特講があります。

特講は内容的にあまりオススメできないので、本科と専科のみ解説します。

本科

じっくり1年かけてやります。

東大コース

京大コース

医学科コース

難関国立コース

早慶コース

難関私大コース

 

があります。

ただし東大コースの英語、理系数学といったように1科目ずつ料金が掛かります

詳しいコースやコースの内容は資料請求にてじっくりご覧ください

 

資料請求はこちら

専科

特定の分野や大学に絞ってやります。オススメの講座のみ紹介します。

他のコースについては資料請求にてご覧ください。

 

<東大即応演習、京大即応演習>

英国数3科目セットなのでおすすめです。

 

<文系小論文、医療系英作文、英作文基礎、英作文応用>

英作文と小論文は独学ではかなり勉強がしにくいです。

第三者に客観的に添削してもらうことにより、実力が向上します。

予備校の先生や高校の先生にお願いできない人はぜひ利用しましょう。

 

他にもたくさん講座があります。

他講座や講座の内容は資料請求にて確認してください

資料請求はこちら

料金は?

基本料金が2000円します。

講座料金が本科なら4000円、専科なら小論文が3800円、英作文は2600円のようです。

基本料金+講座料金です。

 

12か月払いにすると講座料金が1割程度安くなります。

あた途中で退会した場合は受けてない月の分は返金されます。

 

講座によって多少料金が違うようです。

料金の詳細は資料請求にてご覧ください。

 

資料請求はこちら

Z会のメリット

ここでZ会の通信教育のメリットをご紹介します。

問題の数が絞られている

応用力を養う考えさせる質の高い問題が絞られています。

少ない問題数で高い効果を発揮できます。

添削がある

英作文や小論文はもちろんですが答案作成の添削は独学では不可能です。

また添削を提出することにより、勉強のモチベーション維持に繋がります

Z会のデメリット

メリットばかりではなくもちろんデメリットもあります

問題が難しい

これが最大のデメリットです。

基礎がある程度出来ていることが前提になります。

 

例えば本科の難関国公立大学コースや難関私大コースでは、
最低限この程度やっていることが基準の参考書の例をご紹介します。

英語であれば、シス単やターゲットなどで単語を覚えて、

 

英文法もネクステ程度をやっていて、センター試験の文法問題はほぼ間違えなくて、

英文解釈も基礎英文解釈の技術100程度の解釈ができて、

やっておきたい英語長文300程度がすらすら読めることが前提となります

最低限センター8割、理想は9割欲しいです。

数学であれば、基礎問題精講の解法程度が頭に入っていることが前提となります。

チャートで言えば黄チャートレベルです。

 

 

また、京大コースや東大コース、医学部医学科コースは

前年度最低合格点から-30点以内の人以外は役に立たないでしょう

添削が遅い

添削を出してから1か月程度かかり遅いです。

一部使えない講座がありますが、ipadスタイルにすると最短3日で返却されます。


ただしipadが必要です。

ipadは大学入ってからもあると便利なので、Z会の通信講座を利用する方はipadを用意しましょう。

2018年発売の新型ipadは安くて、さらに学割が使えるのでおすすめです。

こんな人におすすめ

ギリギリで落ちた人

Z会のコースは難易度が高いです。

ギリギリで落ちたあなたならば、Z会のテキストでより実力を研ぎ澄ますことに期待できます。

答案作成能力を養い、実力を上げましょう。

時間のない仮面浪人

仮面浪人の人は大学の授業に出なければならないので時間がありません

Z会のテキストは問題の数を絞っているので効率よく学習できます。

宅浪のモチベーション維持に

宅浪は誰にも命令されないので、スケジュールやモチベーションが崩れがちです。

添削を提出することによってモチベーション維持できます。

予備校と並行して

予備校の講座と並行してZ会の講座をやることもおすすめです。

単科生が予備校の自習室で取り組むのにもおすすめです。

 

ぜひ資料請求で確認を!!!

資料請求はこちら